クリエイターが選ぶApple Pencil対応お絵描き・手書きメモアプリまとめ


Apple Pencil(アップルペンシル)が少しずつ出回り始めて、対応アプリも増えてきました。ここではクリエイター向け書籍2冊(iPad専門書)の著者「Necojita」がApple Pencil対応アプリを厳選して紹介します。
これからApple Pnecilを使う人も、購入を検討している方もぜひチェックして欲しいと思います。

Apple Pencilに対応した機能


Apple Pencilで使える主な機能には主に筆圧・傾きがあります。さらにパームリジェクション・指モードなどが使えるものがありますが、いずれの機能もアプリが対応していなければ使用できません。

【筆圧】Pressure
ペン先に加えた筆圧を感知して、ブラシの濃さを変化させます。Apple Pencilは非常に軽い筆圧でも反応します。

【傾き】Tilt
Apple Pencilの傾きをiPadの傾きと照らし合わせ、主にペンの太さを変化させます。鉛筆ブラシをねかせて描くときなどに効果的な機能です。ペンの方位を感知するセンサーと合わせて動作しているようです。

【パームリジェクション】Palm Rejection
ペン先と指と手のひらを、タッチ面積などから推測して誤動作しないようにする機能。ペンを使う際に手のひらをついてしまう人には無くてはならない機能です。

【指モード】Finger Mode
Apple Pencilでは描画、指では消しゴムといったように指とペンで別のツールを割り当てできる機能。誤動作を避けたいときは、指では反応しないように設定できます。

Apple Pencil対応お絵描き・ペイント系アプリ

iPadにはお絵描きアプリがかなりの種類あって無料から試せるものも多いです。iPad Proのリリースに合わせてデスクトップ向けのアプリが次々と移植されているので、使い慣れたアプリを選ぶのもいいでしょう。

Procreate


ペンでは描画、指では消しゴムを使うなどジェスチャーを使って素早く描けます。クロッキー帳代わりに使える唯一のアプリかもしれません。
筆圧曲線を調整して、ペンの筆圧コントロール(やわらかさ)を好みに合わせて変更できます。鉛筆の再現性が特に高く人気があります。
最近ではイラストレーターの寺田克也さんなどが使用されています。

Adobe Photoshop Sketch / Draw


Adobeからリリースされているスケッチアプリ2種。Photoshop Sketchはにじみをリアルに再現した水彩ブラシが特徴です。クリエイティブクラウドで共有されているブラシをインストールして使うこともできます。
Photoshop Drawはベクター形式のイラストが描けて、Illustratorで作成したデータを扱えます。

アイビスペイントX


iPhoneでもiPadでも同じ機能が使える、親しみやすいインターフェースのお絵描きアプリ。手振れ補正にも対応していて背景素材も豊富。
広告が無く全機能が初めから使える有料版もあります。

メディバンペイント


デスクトップPC向けのソフト(旧ファイアアルパカ)をほぼそのまま使える高機能なペイントアプリ。一部の機能は専用アカウントでログインしなければ使えませんが、ほぼ無料で全機能が使えます。
Apple Pencil用に2本指タップでアンドゥできるなど快適な操作方法が用意されています。

Paintstorm Studio


デスクトップ版の機能やインターフェースをそのまま移植した高機能なペイントアプリ。Apple Pencilでの操作を前提にしているため、ボタンが小さかったりします。
本格的に使うならiPad Pro 9.7インチよりもメモリに余裕のあるiPad Pro12.9インチで使用する方が安定します。

Autodesk SketchBook


無料でダウンロードできますが、すべての機能は有料のアドオンを購入する必要があります、日本語化されており扱いやすいお絵描きアプリです。
線が水彩などアナログっぽいブラシは少なく、どちらかといえばCGっぽいイラストやグラデーションを多用したデザイン画に向いています。図形やグラデーションツールのインターフェースが洗練されているところも魅力です。

Zen Brush 2


漫画家の井上雄彦さん、書道家の武田双雲さんも使っている本格的な書道・水墨画アプリ。
にじみやかすれをリアルに再現しており、Apple Pencilが本当に筆になったように感じられます。

ArtRage for iPad

こちらもデスクトップPC向けにリリースされているリアルに画材を再現したペイントアプリ「ArtRage」のiPad版。
水彩や油彩をリアルに再現している分だけやや処理が重い。それでも絵の具の厚みが感じられる唯一のアプリなので、画面で絵の具をいじる楽しさを味わえます。

Tayasui Sketches 2


主イラストやスケッチに向いているアプリ。水彩のにじみや鉛筆がきれいに表現されていて、レイヤーの4つまで使えます。(有料のアドオンを購入する必要があります)

Concepts

ベクター形式のスケッチアプリ。主にデザイン画の制作のためのツールが用意されていて、図形やグラデーションを描きやすい。

次のページでは手書きメモ系アプリを詳しく紹介しています。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク