ジャンプPAINT | iPadで描いた漫画をジャンプに投稿!ペン入れの練習機能など漫画家を目指す人のための漫画制作アプリ

集英社の人気漫画雑誌「少年ジャンプ」がメディバンと協力して漫画制作アプリ「ジャンプPAINT(ペイント)」をリリースしました。
アプリの描画機能としては「メディバンペイント」と同等のもの。
しかし、ジャンプ連載中の人気漫画のラフにペン入れする機能など、漫画家デビューをサポートする機能が揃っています。

「ジャンプ」とメディバンの強力タッグで実現した漫画制作&投稿環境


アプリの機能をすべて使うには、TwitterなどのSNSアカウントでのログインが必要です。
しかしそれ以外には必要なものはありません。すべて無料です。

メインの画面を開くと以下のようなコンテンツが用意されています。

マンガの練習をしよう」では以下のような漫画を初めて描く人のための練習モードや読み物を閲覧できます。

  • チャレンジジャンプ(ペン入れ背景練習)
  • ジャンプ漫画賞講座(審査員の記事を掲載)

マンガを描いてみよう」は実際にオリジナルの漫画制作ができるモードがあります。

  • 新しいマンガ(1から漫画を作成する)
  • 前回の続き(制作途中の作品を開く)
  • マイギャラリー(保存された作品を見る)

作品を投稿しよう」では、メディバンに投稿する以外にもジャンプルーキーなどコンテストに応募できます。

ともかく、漫画家になりたい人や漫画を描いてみたい人にとっては夢のような環境ですね。

ペン入れを試してみる


実際にラフの上からペン入れの練習ができるモードを試してみました。

ラフの上にレイヤーが1枚セットされた状態でキャンバスが開きます。かなり初心者にも優しい設定ですね。

ペン入れできる作品として「火ノ丸相撲」「僕のヒーローアカデミア」「暗殺教室」「トリコ」が収録されています。


下書きの迫力がすごくて逆にペン入れしにくい…ですが、かなり勉強になる素材ばかりですね。

描画ツールのレイアウトなどもメディバンペイントそのままで、インターフェースの配色が変更されたものになっています。

お手軽なコマ割り機能にブラシやトーンなども無料で使い放題!


メディバンペイントでも使える機能ですが、コマ割りもめちゃめちゃ簡単です。

コマ割りツールに切り替えて、コマを割りたいところでドラッグするだけでOK。自動でコマ割りの線を入れてくれます。


もちろんテキストは縦書き入力に対応します。

漫画向けのフォントも多数収録されており、至れり尽くせりの環境が手に入ります。

iPad Proを使って漫画家デビューする人が出てくる未来はそう遠くないかもしれませんね。

ぜひ漫画作りにチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク