Splatoon2でお絵かきできるiPadタッチペンと操作テクニック [Nintendo Switch]


今回はSplatoon2リリース直前を記念して、Nintendo Switchでお絵かきに使えるタッチペン/スタイラスペンについてご紹介します。
タッチスクリーンに直接指でも描けますが、タッチペンを使えばかなり描きやすくなります。お絵かきテクニックもご紹介します。

Splatoon2体験版でイラスト投稿がスタート


本日からダウンロードできるNintendo Switch向けゲームソフト「Splatoon2」体験版にて、イラスト投稿が可能になりました。

基本操作を学びながら風船を割っていくチュートリアルを終えると、ハイカラスクエアを自由に歩き回れます。

その中にある郵便ポストでイラストの投稿が可能です。

Splatoon2で使えるタッチペンを動画でレビュー


簡単な反応テストをNintendo Siwtchで行った動画レビューです。


ここで使用したのは100円ショップで販売されている「ディスク型タッチペン」と「Adonit Jot Dash」です。

「Adonit Jot Dash」はアクティブ方式と呼ばれるペン先が細くても反応するタイプのペンで、充電式のバッテリーで動作します。
欠点は傾けると描画位置がズレるところ。

iPadとは違ってNintendo Switchでは波打ちは出ないようです。

「ディスク型タッチペン」は安価でありながら、必要十分な性能を持っています。安定してズレなく描けました。
ただし先端のディスクが慣れない人は慣れないでしょうね。

100均のペンよりもう少し使いやすいものが欲しい人は、「Aonit Jot mini 3」がおすすめです。

iPadやiPhoneで使えるタッチペンなら、ほぼすべてNintendo Switchで動作するようです。

お絵かきテクニック!コントローラーを使ってトーンを作ろう


最後にイラストを描くためのテクニックを1つご紹介します。

ゲームコントローラーでも描くことはできますが、「十字キー」を使うことでドット単位のペイントが可能です。(ズームやツール変更などもすべてボタンで行えます。)

モノトーンのお絵かきしかできない環境ですが、ストライプや網点を使うことで中間色作ることができます。

ぜひお試しください。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク