iPad版クリスタのPC版との使える機能の違い

ついにリリースされたiPad版クリスタこと「CLIP STUDIO PAINT EX for iPad」ですが、PC版とほぼ同じ機能が使えます。ここではその「ほぼ」の違いはどこにあるか公式ページの機能表からまとめました。

iPad版のみで使える機能もご紹介します。

PC版にあってiPad版クリスタにはない機能

以下はPC版のクリスタでは使えるが、iPad版にはない機能をリストにしたものです。
描画ツールには差異はありませんが、以下のような外部デバイス連携機能やプラグイン、素材の扱いについては違いがあるようです。

  • 画面の色を取得
  • 当社製以外のフィルタプラグイン対応
  • QUMARIONによる人型3Dモデルの操作、ポーズ付け
  • 共同作業の管理
  • 複数ページの印刷
  • Kindleフォーマット出力機能
  • PDF入出力機能(出力のみ可能)★
  • スキャナを使用した画像の読み込み
  • 印刷
  • コンビニプリント出力機能
  • Webと連携し、素材の公開・ダウンロード等が便利になる仕組み(一部使用できない) ★
  • Tab-Mate Controller対応
  • QUMARION対応
  • ソフトウェアの設定バックアップ・リカバリー
  • Surface Dial対応

★を付けたものは一部の機能が使える、使えないものです。「PDF入出力機能」はプラグイン不要で出力のみ使用できます。

「Webと連携し、素材の公開・ダウンロード等が便利になる仕組み」については、素材のダウンロードはできても公開はできないことになります。

iPad版クリスタのみある機能

iPad版のみの機能は以下のものになります。
搭載されているカメラを使って撮影する機能のみとなりますね。

  • カメラ撮影


「カメラ撮影」機能はご紹介してませんでしたが、iPadならではの手軽なマンガ素材作成ツールになります。

例えば目の前にマンガに使いたいものや風景があればそれを撮影!

「レイヤープロパティ」で「線画抽出」や「トーン化」機能を使って簡単にマンガ素材に仕上がります。
iPad Proのカメラ機能はiPhone並みに良いので、画質的にも満足できると思います。

実は他にも違いはいろいろあるかも…

上記は公式ページにて掲載のものをまとめています。よって細かいことを言えば、ほかにも違いはあると思います。

ショートカットキーとして使える「エッジキーボード」もiPadのみ使える便利な機能です。
Dropboxなどの外部出力は、一旦アプリ内に出力したファイルのみ「共有」から行います。

しかしながら描画機能やレイヤー、キャンバスの制限などに関しては、PC版と全く違いがないというのもすごいことですよね。

今後はiPad専用の機能が追加されていったり、今よりもPC版との差は縮まっていくかもしれません。

CLIP STUDI PAINT 機能一覧
http://www.clipstudio.net/paint/functional_list

スポンサーリンク

コメント

  1. オンドレ より:

    折角なので入門記事もお願いしますw