メディバンペイント 13.0アップデート | マスクレイヤーやバケツと選択ツールに「隙間閉じ設定」を追加

無料の高機能お絵かきアプリ「メディバンペイント」にマスクレイヤーやバケツツールの「隙間閉じ」設定などを追加するアップデートがリリースされています。
いずれもイラスト作りに役立つ機能ばかりです!このページでは新機能の使い方を詳しく解説していきます。

バージョン13.0アップデート内容

今回のアップデートには以下のような新機能が含まれています。iOS9.1以降のiPadに対応しています。

  • マスクレイヤー・ステンシルレイヤーを追加
  • バケツツール・自動選択ツールに隙間閉じ機能を追加
  • テキストツールにふちの角を丸くする機能を追加
  • レイヤーブレンドに除算を追加

マスクレイヤー・ステンシルレイヤー

新しく追加されたマスクレイヤー、ステンシルレイヤーは、レイヤーの「+」(新規レイヤーの追加)から選択できます。

マスクレイヤーでは、黒色で描いた部分が透明にマスクされます。1つ下にあるレイヤーの隠したい部分を黒で描きます。

ステンシルレイヤーは描いた黒色で部分だけが表示されます。それ以外はマスクされて透明になります。

バケツツールと自動選択ツールの隙間閉じ設定

線で囲まれた範囲を塗りつぶすときなどに使える「バケツツール」に隙間閉じ設定が追加されています。
この数値を上げる(0〜5まで調整)と、髪の線などでちょっと隙間が空いている場合でもはみ出すことなく塗りつぶしできます。

拡張(px)の設定も合わせて調整すると、簡単にきれいに塗りつぶしできますね。

テキストツールのふちを丸くする設定

テキストツールには文字の「ふちの角を丸める」設定が追加されています。これをONにするとアウトラインの角が丸くなるため、テキストが柔らかい印象になります。
フォントの種類に合わせて使い分けるといいでしょう。

レイヤーブレンドモードの除算

レイヤーのブレンドモードには新しく「除算」が追加されています。「除算」では重なった部分の色は、RGB値が割り算されるため薄く明るい色になります。

レイヤーのブレンドモード設定は、レイヤーウィンドウ上部の右端にあります。

まとめ

前回のアップデートにより画面表示がRetina対応となり、表示が美しくなっています。今回は実用的なイラスト作りに生かせる機能がたくさん追加されていますので、ぜひ年末のお絵かきで試してみてください!

※アップデートで追加される機能は、iPhone版でもAndroid版でも対応しています。

スポンサーリンク