メディバンペイントタブレット | iPadにも遂に登場!高機能なのに無料で使えるイラスト・漫画作成アプリ


クラウドアルパカから改名してモバイル対応が進む「メディバンペイント 無料漫画イラスト・簡単お絵かき」がiPad向けにもリリースされました。Android版が先行してリリースされていました。iPadとiPhone向けのアプリも遂にリリースされました。。
マンガやイラスト作りに使える高機能なペイントアプリが無料で使えます。

国産のPC向けペイントアプリ遂にiPadに参入

ipadimage
制作画面はデスクトップ版とほとんど同じ。モバイル向け文字サイズも大きく見やすいよう調整されています。その代わりすべてのパネルを開いておくとかなり狭い感じです。
作業に合わせて不要なパネルを閉じて使うことになります。

iPad miniでも問題なく仕様できます。

ショートカットキーはカスタマイズできる

ipadimage
デスクトップ版ではキーボードでのショートカット機能を使うのが一般的だと思いますが、タブレット版ではその代替として「ショートカット」メニューが配置できます。

右端をドラッグして画面の好きな位置に配置。ダブルタップするとメニューを閉じることができます。

ipadimage
ショートカットにはアプリの設定から好きな機能をカスタマイズして登録できます。
自分の使い方に合わせて調整できるところはいいですね。

デスクトップ版と違いはあるけれど無料で高機能

ipadimage
描画ツールも同じものが使えますが、違うところもあります。
Gペンや丸ペンは仕様できず、水彩やペンの使用感もデスクトップ版と少し違うような気がします。筆圧感知スタイラスペン(WacomのIntuos CS1 & 2 , BambooStylus finelineが対応)を使うとパームリジェクションにも対応。

デスクトップ版と比べるとペンの入り抜きの扱うが違うため、慣れている人は戸惑うこともありそうです。ペンタブ+PCで使う感覚とは違うと思います。
個人的には以下の部分はもう少し調整して欲しいですね。

  • キャンバスの移動やズームがスムーズでない
  • スタイラスペンのサイドボタン操作に対応していない
  • 長押しスポイトに対応していない
  • 設定がキャンバスを閉じるたびにリセットされてしまう
  • ペンの入りがきれいに出にくい

最新アップデートの解説記事


水彩表現に使える「水彩境界」やテキストの装飾機能など楽しい機能がたくさん追加されています。新しい機能の使い方をまとめて解説します。


Apple Pencil向けのパームリジェクション機能が進化。指とペンを使い分けできる「指モード」が追加されています。
新しいブラシをクラウドからダウンロードする方法もご紹介します。

今後のアップデートにも期待出来る、高機能なペイントアプリです。マンガのコマ割りに便利な機能もたくさんあり、国産だからこそ日本のユーザーのニーズに合ったアプリと言えます。

↓iPhone版はこちら

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 名無し より:

    漫画用お絵描きアプリケーションとして期待してるのですが
    やはりというか、トーン機能が搭載されてないのが残念ですね
    今後のアップデートでPCソフトウェアのコミックスタジオ的な「漫画に特化した」アプリケーションになる事を望んでいます
    ただのお絵描きアプリではなく、そういう日本産ならではの機能を搭載して欲しいところです

  2. 名無し より:

    申し訳ありません
    アミカケなどの定番トーン機能は「素材」の中の「タイル」内にありましたね
    間違いを書いてしまい申し訳ありませんでした
    使用するにはアカウント登録が必要ですが
    300dpi、600dpi用と印刷にも耐えられるものがあるようで
    かなり本格的に「漫画」ツールしてると思いました
    UIはもっとシンプルな方が良いかな?
    しばらく触って使いこなせるようになりたいですね