Artstudio Proの使い方解説 | 文字にグラデーションやドロップシャドウなどのエフェクトを加える

Photoshopのように画像編集やお絵かきができるアプリ「Artstudio Pro」の解説です。今回は文字にグラデーションやドロップシャドウ、アウトラインなどさまざまなエフェクトを加えていきます。
タイトルなど目を引く豪華な文字を作りたいときにおすすめです。

文字の種類やサイズを決めて入力

まず初めに文字を入力します。
テキストツールを選択して画面下に表示されているテキスト設定をカスタマイズしましょう。

ここでは文字色、文字の種類、サイズ、文字寄せの設定が行えます。文字サイズは後から変形ツールで調整できるので、ひとまず適当なサイズで入力してしまってもよいと思います。

文字の設定が決まったら、キャンバスをタップすると文字入力できます。

文字を入力したレイヤーはサムネイルが「T」で表されます。「T」と表示されているレイヤーは、フォントレイヤーとして扱われ、後からでも文字を編集できます。

フォントレイヤーには、他のツールで描いたりすることはできません。

新規レイヤーにグラデーションを作る

文字にグラデーションを加えます。
テキストレイヤーの上に新規レイヤーを追加。そのあとレイヤーの右端にある「>」ボタンをタップします。

開いたレイヤーオプションの中で「Mask(マスク)」を選択し、「Clipping Mask(クリッピングマスク)」を選びます。

左端にあるツールバーからグラデーションツールを選びます。キャンバス上でドラッグするとその方向にグラデーションが描かれます。

グラデーションパターンなどの設定は画面下に表示されるボタンで変更できます。

アウトラインとドロップシャドウを加える

次は文字にアウトラインなどのエフェクトを加えます。エフェクトの編集はレイヤーウィンドウ下部にある「FX」と表示されたボタンをタップします。

レイヤーエフェクトの編集画面で、好きなエフェクトを追加しましょう。「Artstudio Pro」では以下のようなエフェクトが使用できます。

  • Bevel(ベベル)/Embos(エンボス)
  • Stroke(境界線)
  • Inner Shadow(内側の影)
  • Inner Glow(内側の光彩)
  • Outer Glow(外側の光彩)
  • Color Overlay(カラーを重ねる)
  • Gradient Overlay(グラデーションを重ねる)
  • Pattern Overlay(パターンを重ねる)
  • Drop Shadow(ドロップシャドウ)

決まった形でのグラデーションはエフェクトでも選べます。グラデーションを自由にカスタマイズしたいときは、前述のクリッピングマスクを使う方がよいと思います。

エフェクトの管理方法

カスタマイズしたエフェクトは登録する機能はありませんが、メニューからは以下のような機能が選べます。別のフォントにコピぺしたりラスタライズすることができます。

  • Disable Effects(エフェクトを一時的にオフに)
  • Enable Effects(オフにしたエフェクトをオンに)
  • Copy Effects(エフェクトをコピー)
  • Paste Effects(エフェクトをペースト)
  • Clear Effects(エフェクトを削除)
  • Rasterize Effects(エフェクトをラスタライズ)

今後のアップデートで文字設定が強化される

「Aststudio Pro」ではアプリに好きなフォント(TTF/OTF形式)をインストールできます。写真やイラストに加えてみたり、Web素材を作るのにも使えます。
ぜひ試してみてください。

また現バージョンでは文字間隔や行間など細かい設定がありませんが、今後のアップデートで追加される予定となっています。

スポンサーリンク