Bamboo Stylus fineline | あのWacomが挑戦。iPadで使える1.9mmの細型Bluetoothスタイラスペン [レビュー]

fineleine
ペンタブレット業界では世界トップメーカーであるWacomが遂にiPad向け細型スタイラスペンをリリースしました。「Bamboo Stylus fineline」は1024レベルの筆圧感知にも対応した、手書きメモやアイデアスケッチに使えるスタイラスペンです。
発売日に購入して来たのでまずはファーストインプレッションをお届けします。

1024レベルの筆圧感知にも対応した細型スタイラスペン

1
Wacomも遂に細型のスタイラスペンをiPad向けに発売。
液晶画面に静電気を増幅して返すことで細いペン先でも感度がよい「アクティブ方式」のスタイラスペンになります。

2
ケースは付属しませんが、キャップが付いているので携帯にも安心。
キャップにはクリップがついていて、ポケットにいれて持ち運ぶのにも便利です。

ペン先は1.9mmと極細タイプ。交換不要な硬質な素材でできています。

10
付属するUSB充電コードをペンの後ろ側に差し込んで充電します。
コードの取り外しは硬くてちょっと手こずりました。

ペンの側面のランプの赤色点滅がなくなったら充電完了。
使用環境にもよりますが、約26時間ほど使用可能だそうです。

Bamboo Paperで試し書き

6
まずはWacom製のスケッチアプリ「Bamboo Paper」で使用します。このスタイラスペンは個々のアプリとBluetooth接続することで、筆圧感知やパームリジェクションなどの機能が使用できるようになります。

ページ左端に表示されている接続ボタンをタップ。スタイラスペン側面のボタンを長押しして青くランプが点滅したら、接続パネルの上の円形のマークにペン先を押し付けます。

しばらくすると接続が完了してバッテリー残量が表示されます。

7
側面のボタンには消しゴムなど4種類のショートカット機能を割り当てできます。
間違って押してしまうことがある人は「設定無し」を選ぶとよいでしょう。

3
ペンを「Bamboo Paper」アプリに接続すると通常有料で購入する必要がある画材(鉛筆・ペン・マーカー)が無料で追加されます。

すでに過去に購入済みの場合は「入手済み」と表示され追加機能はありません。

5
↑「Bamboo Paper」と「Bamboo Stylus fineline」のみでスケッチしたものです。多少描画位置のズレは感じましたが(ペンを傾ける角度でわずかにズレが発生する)、慣れてくるとズームして描いたり工夫できます。

8
筆圧の変化については「Bamboo Paper」でしか確認できないのですが、柔らかい感触で個人的には好みの書き味です。
主にスケッチ用途の製品であることを考えると満足度は高いと思います。

少し使い込んでみて思うところ

9
鉛筆ツールなどを使って描き込もうとすると「パームリジェクション」の誤動作が多いですね。フルスクリーンモードにするとかなりマシになります。
(iOS8になると「パームリジェクション」の性能UPが期待できるため、改善されていくのではないでしょうか。)

描画精度は他のアクティブス方式のタイラスペンのトップクラス(Alupen DigitalやRenaissance)と同じレベル。さらに保護フィルムなど気にせず使えるほど感度は高いです。

液晶画面の影響で起きる「ストロークの波打ち」やペンの角度によるズレを解決するまでには至っていませんが、ペン先の感触は非常によく柔らかい筆圧感知が楽しめます。

問題点としては筆圧対応している「Bamboo Paper」でも、iPad横位置で描画位置のズレが気になること。むしろBluetooth接続しない方がズレが少なく安定して描画できることもあり、この点は今後のアプリのアップデートで改善できると思います。
追記:iPad縦位置では描画位置補正は優れています。

さらに筆圧機能対応アプリも少ない!
私が確認した範囲では「Bamboo Paper」以外には、「PDF pen」「ArtRage」しか見つかりませんでした。
これは非常に残念です。

今後対応予定アプリ
Noteshelf/NotePlus/INKredible/GoodReader

Bamboo Paper – ノート (2.4)
カテゴリー:仕事効率化
価格:無料
開発:Wacom

これからに期待できるスタイラスペン

12
一部で物足りないところもあるスタイラスペンですが、今後開始される予定の「ワコムクラウド」対応やペンIDなど新しい機能も期待できますね。
対応アプリがこれから増えていくのは間違いないので、購入してからアプリのアップデートも楽しみな製品です。(対応アプリが少ない不満もありますが、iOS8リリース前の微妙な時期なので気長に待つしか無いですね)

【現時点での評価まとめ】
・同じ価格帯アクティブ方式ペンと比べてデザイン・性能共に優れています。
・筆圧感知機能も対応アプリが増えてくればかなり楽しめそう。
・USB充電式だから安心して携帯できる。
・パームリジェクションと描画位置補正の改善はiOS8後待ちになりそう。

この価格帯で筆圧感知あり、アクティブ方式極細スタイラスペンは他にありません。
ペン先に軽くクッション性があり自然な書き味です。

iPadでスケッチや手書きメモに細いペンを試してみたいならおすすめ。
お絵かき専用でより高性能な製品を求めるなら10月発売予定のIntuos Creative Stylus2待ちとなるでしょう。

13
wacom Bamboo Stylus fineline iPad用筆圧ペン シルバー CS600CS
[Amazon] 6,800円 通常配送無料

対応機種:iPad mini、iPad(第3世代)、iPad Air以降
(筆圧感知などのBluetooth接続機能についての対応機種)

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. kishin1970 より:

    いつも拝見させていただいてます。
    特にレビュー記事は大変参考にさせていただいています。
    私も、本製品を購入しました。ただし、未開封状態です。
    というのも、先日こちらでも紹介されているAluPen Digitalを購入したところ、私のipadmini retinaでは漢字などは線がつながってしまうなど、とても実用に耐えない商品のため結局返品となりました。amazonなどのレビューを拝見すると、また同じ状況になってしまうのではという懸念があるからです。いつもはsupenを使用。これと同等の書き味であればよいのですが? こちらで紹介されているスケッチのように書けるのであればベストです。ぜひアドバイスをお願いします。

  2. Necojita より:

    kishin1970さんコメントありがとうございます。

    AluPen Digitalでもダメでしたか。
    Bamboo Stylus finelineは筆圧を感知するためにペン先が少し引っ込むので、Alupen Digitalより滑る感じがあります。
    漢字など細かい操作が必要な書き込みで線が繋がってしまうようなことも多いため、期待されている使い方では厳しいかもしれません。

    しかし、Bamboo Stylus fineline自体はスケッチなどで使っていて非常に楽しく良い製品だと思いますよ。

    ちなみによく使われるメモアプリなどあれば教えていただけますか?

  3. suke より:

    大変参考になるレビューいつもありがとうございます。
    finelineはスルーしてcs2購入予定です(初代は所有してるのですがほとんどペアリングしないで使ってます)
    fine lineはcreative stylusと比較するとどうですか?
    本日、Bamboo Solo買ってみたら想像以上によくcs2の予約を取り消すか迷っています…
    普段はiPadではBamboo paper、Adobe line、MacでINTUOSタブレットを使ってプロダクトデザインのアイデアスケッチに使用しています。

  4. kishin1970 より:

    早速のお返事ありがとうございます。
    使用しているメモアプリは、 Noteshelf、Penultimate です。
    Noteshelf をほぼ常用しています。
    NecojitaさんのBamboo Paperで描写した「↑「Bamboo Paper」と「Bamboo Stylus fineline」のみでスケッチしたものです」を拝見すると、自分としては十分許容範囲の描写です。
    ただ、自分も同じように使用可能かということに不安を感じてしまいます。使用に際してコツのようなものはありますか?supenと比較した場合いかがでしょうか?

  5. Necojita より:

    sukeさんこんばんは。

    いつも記事を読んで下さってありがとうございます!

    finelineとCreative Stylusの比較というのは、初代Intuos Creative Stylusと比べてということでしょうか?
    finelineは個人的にはかなり気に入っています。iPad縦向きでBamboo Paperで使うと気持ちよくスケッチできます。

    sukeさんのコメントの内容から想像すると、Bamboo Soloのようなペアリング無しでさっと使えるモデルの方が向いているのかもしれませんね。

    CS2はより描き込むお絵かき用なので、sukeさんの用途ではオーバースペックかも。

    CS2はまた手に入ったらレビューしたいと思います。

  6. Necojita より:

    kishin1970さん

    やはり一番の差は筆圧感知機能にあります。

    線を描くにも筆圧で描き分けることができるので、薄くアタリをとってから上から濃い線でなぞるようなことが可能です。

    逆にsu-penのような無意識に使い回せるペンは急ぎでメモを取ったり、思考を邪魔しないメリットがあります。

    鉛筆のような画材を使うならfinelineが効果的で、万年筆やボールペンのようなツールならsu-penのようなペンのほうが目的に合うのかもしれません。

    ちなみにNoteshelfはfilelineに対応したので試してみたら、縦位置で使う限りはいい感じでした。

  7. 匿名 より:

    ご返答ありがとうございます。
    なるほど、ちょっと様子を見てみます。

  8. suke より:

    nekojita様
    なかなかCS2のレビューがないので買ってしまいました(汗)
    Bamboopaperと合わせて使うと最高でした
    新しいsketchbookは課金してしまいましたが斜め線ヨタヨタですね
    でもiPhoneで付箋にメモ書きする様な感覚はいいなと思います
    bamboopaperのiPhone版欲しいですね

  9. Necojita より:

    sukeさんこんにちは。

    買っちゃいましたか!
    確かにBamboo PaperはCS2に最適化されていて実用的。
    SketchBookは独自の描画処理をしているらしく、ヨタヨタは直らないかも…。

    Bmaboo PaperのiPhone版もiPhone6+が出たことで、リリースされる可能性もありますね。

    対応アプリもようやく出てきたので、またレビュー記事にすると思います。

  10. suke より:

    necojitaさま

    我慢出来ずに買ってしまいました〜
    基本フィルム貼らずに使ってますが、P社のアンチグレアフィルム貼ったらいい感じに摩擦があってよいです。
    wacomも付属するかオプションでも用意するべきだと思いました。

    二日しか使っていないですが、アプリの対応もそうですが一番気になるのがケースが前のがよかったです。
    持ち運んで鞄の中で裏のゴムに埃着くし、デザインがシャープすぎて傷だらけになりそうです。

    当分Adobeには浮気せずwacom使うときめたので、2枚、3枚でもいいのでレイヤ、色が選べるintuos paperみたいのが欲しいです。