LOGICOOL ウルトラスリムキーボードミニ | iPad miniでダントツの打ちやすさと薄さを実現したBluetoothキーボードカバー【レビュー】

logi
iPadキーボードとして定評のあったロジクールのBluetoothキーボードカバー「ウルトラスリムキーボード」。そのiPad mini版である「ウルトラスリムキーボードミニ」をついに購入しましたのでレビューしたいと思います。
期待を裏切らない完成度の高さです。その秘密はキーを1列削ったことでした。

デザインも使いやすさも完成度の高いキーボード

1
リリースされてすぐは品薄で購入できるところも限定されていましたが、今では非常に購入しやすくなりました。私は自分のiPad miniブラックに合わせてブラックカラーを選択しました。

2
3
キーボードのフレームは光沢のあるプラスチックで、ボタンは非光沢プラスチックが使用されています。文字もくっきり見やすくてiPad mini向けのキーボードの中では特にボタンのサイズが大きいと思います。

このキーボードでは左側のcaps lockキーやtabキーを兼用することで、ボタンは大きくても一列分横幅を小さくする工夫がされています。iPad miniのホームボタンの代わりに使えるボタン(左上)もベストな位置にありますね。

4
iPad miniをキーボードの溝にはめ込んで立てます。小さなノートブックという感じで違和感がありません。

5
6
側面には充電用のマイクロUSBと電源スイッチ・Bluetooth接続ボタンが配置されています。背面はiPad miniと良く似た素材が使用されていて、カバーとしても優れたデザインになっています。

ボタン一列削ったアイデアに脱帽

7
使用感としてはボタンの感触も良くてとても打ちやすいです。やはりボタンが大きくて適度な間隔が空いているのは快適ですね。iPad miniのサイズでこれだけのボタンサイズを維持しているのは素晴らしいことだと思いました。

無くなった1列分に困るシーンはほとんどなく、iPad miniでテキスト編集したい人には一押しのキーボードだと言えます。むしろ気になったのはiPad miniが軽いため机が滑りやすい素材のときには振動でズレることでしょう。布を敷いたり滑り止めを取り付けるなど工夫したいところです。

iPad miniには定番と言えるキーボードカバーが他に見当たらなかったのですが、「LOGICOOL ウルトラスリムキーボードミニ」は定番のキーボードと言えるでしょう。

11
LOGICOOL ウルトラスリム キーボード ミニ シルバー TM715SV

※色はシルバー・ブラック・ホワイトの3色あります。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク