iPadお絵かきにApple Pencilとキーボードショートカットを使ってみる


iPad Proでは、スケッチのときはApple Pencil、テキスト編集のときはキーボードを繋いでと使い分けています。しかし最近ではキーボードショートカットに対応したアプリも登場。Apple Pencilとキーボードを併用して、もっと生産性を向上できるかもしれません。

Bluetoothキーボードでキーボードショートカットを使う


まず使用するキーボードですが、iPad mini用に購入していたBluettothキーボードを選択しました。クリップでiPad miniを固定できる扱いやすい製品です。

Amazon | 【F.G.S】iPad mini (retina)がノートパソコンに変身!iPad mini(retina)専用ノートパソコン型キーボードキット F.G.S正規代理品 | F.G.S | タブレットケース通販

あらかじめ設定アプリでBluetoothをオンにして、iPad Proにペアリングしておきます。ペアリングは画面に表示される数字を入力するだけなので簡単です。


ちなみにApple純正のSmart Connector対応キーボードは、iPad Proを立てた状態使わないと動作せず、好きな角度では使えません。
よってキーボードショートカット目的で選ぶなら、最適な配置が選べるBluetoothキーボードがよい思います。(有線キーボードならよりレスポンスが良くなるはずです)

キーボードショートカットに対応したアプリを探す


キーボードショートカットに対応しているiOSアプリは、まだまだ限られています。ベクターグラフィック系アプリでは「Graphic」「ProtoSketch」、お絵かき系だと「メディバンペイント」や「アトリエ」くらいではないかと思います。

PC向けアプリを移植したものはキーボードショートカット対応が多いようですが、iOS専用のアプリでは対応しないものがほとんどです。

「メディバンペイント」でキーボードショートカットを使って描いてみる




「メディバンペイント」ではPC版と同じように使用するツールにそれぞれキーボードショートカットが用意されています。


実際にアプリでキーボードショートカットを使ってみました。

左手でブラシと消しゴムをスイッチしながらスケッチしたり、すばやく選択ツールやスポイトを起動できるのが便利です。右手ではタッチ操作でズームや移動などのジェスチャー、Apple Pencilで描画するのはなかなか効率的です。

このキーボードではブラシサイズ変更に使うキー( [ と ] )が、UとIに重なっているので使いづらかったです。使用するキーボードを選ぶときは、この点にも注意が筆意ようですね。


画面上に用意されているショートカットボタンをタッチして使うのと、キーボードショートカットはどちらが使いやすいかは好みが分かれるかもしれません。
PCに慣れている方にとってはキーボードショートカットの方が使いやすいでしょう。

気になったのは、長時間使用しているとアプリの動作が不安定になることがあること、ツールの切り替え時にややラグがあることです。ひょっとしたら有線キーボードだともっと安定するかもしれません。

「アトリエ」でキーボードショートカットを使って描いてみる


「アトリエ」で使えるキーボードショートカットはちょっと少なめです。そもそも使えるツールが少ないので、他のお絵かきアプリに比べて機能的に物足りないところがあります。


全画面表示にしてキャンバスを大きく使いながら、キーボードショートカットでツールを切り替えられるのが便利でした。
しかしキーボードショートカットを使っていると、ツールを切り替えるたびに画面中央に使用ツールの表示が出てきてやや煩わしいですね。

キーボードショートカットに対応するアプリでは、タッチ操作のためのインターフェースが不要になり、そのぶん画面を広く使えるようになるのは大きなメリットでした。

まとめ

Apple Pencilとキーボードショートカットの組み合わせは、作業の効率化に繋がると思います。アプリさえ対応するようになれば、多くのクリエイターに恩恵があるでしょう。

今後もキーボードショートカットに対応したアプリは出てくると思いますが、Bluetoothキーボードだと安定感やレスポンスが気になりました。Smart Connectorキーボードはテキスト編集向きのデザインなので、ちょっと扱いずらいのが難点です。

また有線キーボードで最適なものを探してみたいですね。
キーボードショートカットに使う製品を今後も探していきたいと思っています。いいものが手に入ったらまた記事にしていく予定です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク