iPad ProがMacBook化するトラックパッド付き高機能キーボードケース「Brydge Pro+」発表。プレオーダー初回は2020年2月から配送スタート

海外PC向けアクセサリーメーカーBrydgeから最新モデルのiPad Proに対応するトラックパッド付きキーボードケース「Brydge Pro+」が発表されました。iPadOSから採用されたマウス操作機能を活用して、まるでMacBook Proのようなデザインでキーボード下に配置されたトラックパッドを操作できます。

マルチタッチトラックパッドを搭載したiPad Pro向けキーボードケース「Brydge Pro+」

iPadOSではAssistive Touch機能をオンにすることでマウスが使用できるようになりました。「Brydge Pro+」ではこれを利用してトラックパッドを使ってカーソルを動かしたりアプリを起動するなどの操作が可能となります。

プレビュー動画内では2本指を使ってスクロールするマルチタッチ操作も見られます。またMacBookには劣るものの以下の3つのジェスチャーが可能とされています。

  • App Expose起動 – 3本指でタップ
  • ホーム画面に戻る – 画面下の左端か右端をタップ
  • ドック表示 – 2本でタップ

※いずれのジェスチャーもiPadOSのアクセシビリティでの設定が必要になると推測されます。

バックライトキー、180度までの角度調整など求める機能がすべて詰まった高機能キーボード

「Brydge Pro+」は12.9インチ(第3世代)と11インチモデルのiPad Pro向けの2モデルで販売。Brydgeシリーズに共通のバックライドキーボードや180度までの角度調整などiPadをノートPC化しながらタブレットとしての柔軟な使い方にも対応してくれます。

キーボードのデザインもMacBook Proを彷彿とさせるものとなっており、今回トラックパッドが追加されたことでますますノートPCらしく楽しめるようになりますね。

  • マルチタッチトラックパッド
  • 0〜180度の角度調整
  • 調整可能なバックライトキーボード
  • Bluetooth 4.1対応
  • バッテリー1回の充電で約3ヶ月持続

発売は初回が2020年2月末ごろ

気になるリリース時期ですが初めのプレオーダー500個分は2月末までに、それ以降のオーダーには5月末ごろまでに発送予定とされています。

価格は11インチ向けモデルが199.99ドル(22.000円程度)、12.9インチ向けモデルは229.99ドル(25.000円程度)です。販売サイトではプレオーダーの案内をメール登録で行っています。気になる方は下記サイトでチェックしてみてください。

Brydge Pro+ | iPad Pro Keyboard | Brydge Technologies

またトラックパッドが付いていないモデルはすでに日本でも販売されており、iPad ProだけでなくiPad miniなどの各モデル向けに用意されています。多機能であるぶん取り付けた際の重さは気になる人が多いようですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました