Interior Design for iPad | ドラッグ操作で簡単にインテリアを追加。理想の部屋を3DCGでデザインできるアプリ

inteiro
ドラッグ操作で簡単にインテリアを追加して3DCGの部屋をデザインできるアプリ「Interior Design for iPad」をご紹介します。平面図で部屋の組み合わせやサイズを調整できて、自動で窓や扉を追加する機能もあるので専門的な知識がなくても本格的なアデザインに仕上がります。

夢のマイホームをiPadの中に作り上げるアプリ


部屋のレイアウトやインテリアの配置などの空間デザインを3DCGグラフィックで作成できるアプリです。
平面図から3DCGへの流れもスムーズで、タッチ操作で簡単にデザインできます。

部屋の形を平面図でカスタマイズ


部屋の平面図です。この編集画面では基本的な部屋の並びや形をカスタマイズできます。


それぞれの部屋をタップすると部屋の形をカスタマイズできるようになります。角に表示されるポイントを動かして操作します。


ポイントを追加したいときはダブルタップ。削除したいときはタップ長押しします。部屋全体を動かしたいときには部屋の中央をドラッグしましょう。

インテリアの配置を行う


右上に表示されている画面切り替えスイッチの真ん中のボタンをタップすると、平面図にインテリアのが追加された画面になります。

左側のウィンドウに表示されている椅子や机、壁紙・床の素材などドラッグ&ドロップで追加していくことができます。


配置したインテリアはサイズを細かく調整できるので、リアルに作り込みたい人でも満足できるはず。
壁紙は自分で素材を追加できます。

3Dモードのリアルな視点でチェック


最後に3Dモードで作成した空間をチェックしてみましょう。右上の一番右端のボタンをタップすると3Dグラフィックで表示されます。


3Dモードでは実際に自分の視点で部屋を歩き回って、空間を見ながら壁紙やインテリアを編集できます。
自分で作った部屋を動き回るのも楽しいですね。


インテリア素材の中にはパソコンなどの電化製品もありました。よく見るとApple製品充実。


夢のMac Proや MacBook Proなどを配置してドリームハウスを満喫することもできました。

引っ越しの際のインテリアの配置を決めたり、リフォームプランを立てたり実用的な使い方にも充分に使えるアプリだと思います。
操作方法を詳しく解説した動画リンクもあるので建築の知識がない人でも使えます。

Interior Design for iPad (1.1.6)
カテゴリー:ライフスタイル
価格:1,000円
開発:Black Mana Studios


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク