Pionero~ピオネロ~ | 2種類のブラシと筆記向けペンを使い分けできる筆スタイラスペン[レビュー]

pione
導電性のある毛で作られたブラシを取り付けたペイント向けスタイラスペン「Pionero~ピオネロ~」をご紹介します。筆で描く感触はとても気持ちよくて、iPadのペイントアプリと組み合わせてアナログ感覚のお絵描きを楽しめます。
ゴムのペン先にも切り替えられるため幅広い用途で使用できます。

手軽に試せるブラシ型スタイラスペン


手頃な価格で本格的なブラシ型スタイラスペンを試せる「Pionero~ピオネロ~」をレビューします。↑届いた商品パッケージです。


パッケージの中身は2種類のブラシとペンキャップです。「ふつうサイズのブラシ」と「ミニサイズのブラシ」は付け替え可能。
ペンキャップを取り付けると長く持って描くことができます。


Kickstarterで生まれたブラシ型スタイラスペン「Sensu Brush」と比較してみます。ペン軸の長さはピオネロのほうがずっと短いです。ブラシはSensu Brushのほうが大きいデザインですが、毛先の素材感には大きな違いは感じられません。

Sensu Brush|本格的な筆で描ける感触が気持ちいいペイント向けiPadスタイラスペン【レビュー】

Sensu Brushの長さは絵筆の長さに近い物があり使いやすいですが、コンパクトに使いたいならピオネロの短いペン軸も扱いやすいです。


ペイントアプリで使用すると筆で描く感触を楽しめます。筆先はある程度画面に押し付けて使用する必要がありますね。反応の良さはブラシが大きいぶんだけSensu Brushのほうが優れているように感じました。(使用アプリはProcreate)


Sensu Brushと比べるとパッケージやペンの作りに価格差ぶんの違いはあります。ブラシの使用頻度やペン軸の長さで選択するのがいいでしょう。

絵を描くことが多いのならSensu Brushが安定していて使いやすい。ちょっと試してみたいということなら価格が手頃なピオネロがいいかもしれません。


スタイラス筆 Pionero~ピオネロ~ 2,980円(通常配送無料)[Amazon]


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク