Modio | ロボットのおもちゃをデザインして好きなサイズで3Dプリンターから出力できる3DCGアプリ

2
「Modio」は3Dプリンターにデータを出力できるロボットのおもちゃをデザインできるアプリです。iPadの画面上で3DCGを操作してロボットの仕上がりをシュミレーションできます。

パーツをドラッグしてロボットを組み立て

1
用意されているパーツを組み合わせてロボットを作ります。右上のパーツから好きなものを選んで画面中央にドラッグするとパーツが追加されます。
まずは胸部のパーツを追加します。

2
続けて頭や腰などのパーツをつなげていきます。右上のツールはダイヤルを回してパーツの種類を切り替えます。

3
パーツとパーツを近づけると光の筋が表示され接合箇所がわかりやすくなっています。

4
組み立てたら、右下のツールをタップして色を追加しましょう。ダイヤルを回転させて使いたい色を選択してからパーツをタップすると着色されます。

5
パーツの表面にさまざまな模様の凹凸をつけて質感をカスタマイズすることもできます。

6
完成したロボットのデータはブラウザから(Wifi使用)ダウンロードできます。パーツは色ごとに分類して出力したり、すきなサイズに調整できます。

残念ながら3Dプリンターを持っていないので、実際に出力することはできなかったのですが、シンプルで扱いやすい操作性なので小さな子供さんも楽しめるかもしれません。
3Dプリンターをお持ちの方はぜひお試し下さい。(3Dプリンターが無い方でもプラモデルやブロックを組み立てるような楽しさがあります)

Modio (1.0.1)
カテゴリー:仕事効率化
価格:無料
開発:Modio

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク