123D Creature | 3Dプリンタに対応したAutodesk社製3DCGモンスターフィギュア作成アプリ

crea
SketchBookなどのクリエイティブ系アプリで知られているAutodeskから、新しく3DCGでモンスターを作り出せるアプリ「123D Creature」がリリース。
タッチ操作でリアルな3DCGモンスターを作成できて、さらにアプリから直接3Dプリンターで出力したものを購入できるサービスに対応しています。

粘土を触るように3DCGフィギュアを作ろう


モンスター作成の流れとしては、骨格を作る→細部を作り込む→塗装→レンダリング&3Dプリンター出力となります。過去にリリースされたAutodesk社の3DCGアプリと似ていますが、骨格を作れる機能が新しく採用されています。


基礎となる骨格はかなりシンプルで、人のような形をしています。これに新しく手や足を追加したり太さを調整していきます。


画面は二本指で回転させて好きな角度から作成できます。関節の角度を三次元的に細かく操作して決めておきましょう。後から関節を動かすことはできません。


骨格ができたら次は細部へ。粘土ベラのアイコンをタップすると盛り上げたり削ったりできるボタンが表示される編集画面に切り替わるので、ここでじっくり作り込み。
加工するブラシの太さと強さをスライダーを使って調整しましょう。


仕上げに塗装を施します。スプレーとブラシを使い分けて細かく描けます。
テクスチャーを表面に張り込む機能も用意されているので、iPadのアルバムに読み込んだものを利用すればもっと緻密な表現ができそうです。


完成したフィギュアはライティングや背景などをカスタマイズしてレンダリング。
3DCGデータは専用サイトでアップロード&共有できます。

3Dプリンターで出力したフィギュアを手に入れる

作成したフィギュアをアプリ内から3Dプリンター出力できるサービスが利用できます。
試しに見積もりを出してみたら、最小サイズで17.79ドルでした。(フィギュアのサイズや造形によって価格は変わるようです)一番大きなサイズを選ぶと150mmほどで127.65ドルと表示されました。

プロ仕様のアプリに比べれば細部の作り込みがしづらいところもありますが、ここまで簡単に3Dフィギュア作成環境が手に入るというのは驚きです。
iPadから3Dフィギュアが作れる未来が来ましたね。気に入った作品が出来たら3Dプリントにチャレンジしてみたいと思います。

123D Creature (1.0.7)
カテゴリー:エンターテインメント
価格:無料
開発:Autodesk Inc.


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク