Jot Script 2 | 手書きメモをもっと快適にするペン先1.9ミリのiPadスタイラスペン。Evernoteコラボで新登場 [最速レビュー]

ipadimage
AdonitとEvernoteのコラボレーションで実現したiPadスタイラスペン「Jot Script 2」が発売されます。今回はAdonit様から製品を提供していただけたので、いち早くレビューをお届けします。
ペンの新デザイン、使用感も含めてかなり期待できる製品だと思いました。アプリ側の対応が必要ですが、手書きメモがさらに楽しくなるスタイラスペンです。

Evernoteプレミアム会員6ヶ月分が付いてくる!

ipadimage
新しいJot Script 2のパッケージです。使用するにはBluetooth4.0の省電力モードに対応している必要があるため、iPadではiPad4以降(iPad mini含む)の端末で使用できます。

またPenultimateやGoodNotesなどJot Script 2に対応する(Jot SDKと呼ばれるプログラムが含まれている)アプリでのみBluetooth接続して、パームリジェクションや描画の補正機能が利用できます。

ipadimage
箱の背面に貼ってあるシールを剥がして、箱の下部をスライドさせると製品を取り出せます。
中には説明書とスタイラスペン本体、専用充電器、Evernoteプレミアム会員コードが同梱されています。
Evernoteプレミアム会員は月額450円、年間で4,000円のオンラインサービスなので、2,000円くらい得した気分になれます。すでにプレミアム会員の方にとっても嬉しい特典ですね。

充電式になってより細く軽く進化。さらに文具に近づいた快適な使用感

ipadimage
Jot Script 2は充電式に変更されています。パッケージには専用のUSB充電器が付属し、スタイラスペン本体の後ろ側を充電器の上にセットすれば充電できます。

ipadimage
50分程度で充電することができて、約20時間の連続使用が可能です。Adonitのサイトに記載されている説明を見ると、iPad Air 2では約30時間、iPad miniでは約50時間使用可能になるようです。

Jot Script 2と旧モデルの比較

ipadimage
Jot Script 2を旧モデルと比較してみました。本体のカラーはやや明るいグレーに変更されています。素材はほぼ同じ。ペン先のチップもサイズは同じですが、黒いパーツに変わっています。

ipadimage
上の写真では左がJot Script 2で、右が旧モデルです。
ペンの太さの違いは手に持ってみるとかなり大きいです。大幅に軽くなったことで、ペンの重心のバランスが良くなり、文具のように自然な感覚で持つことができます。

Jot Script(旧モデル)

  • 12mm
  • 29グラム(電池を含む)

Jot Script 2

  • 10.5mm
  • 18グラム

書き心地や接続の安定感で進化を実感できる

ipadimage
最新版のJotSDKの出来がいいようで、スケッチアプリ「Forge by Adonit」での使用感は素晴らしいです。描画位置のズレはほぼ気にならないレベルで、線の波打ちの補正もしっかり効いています。

もちろんパームリジェクションも安定しているため、画面に手のひらを置いて安心して描けます。使っていて楽しいペンです。

アプリを閉じれば自動的に接続解除され、再びアプリを開くと軽く画面にペン先を当てるとすぐ再接続されるようです。(状況によっては電源ボタンを押す)これならバッテリーの持ちも良さそうですね。

ipadimage
Evernoteの手書きメモアプリ「Penultimate」でも試し書き。最近のアップデートでのデザイン変更で安定感を失ってしまったため、しばらく放置していたのですがJot Script 2との相性がすごく良くなっています。

基本的にズームモードを使用して使うのがよいと思いますが、ズームしなくても小さな文字が書けるレベルまで精度が向上しています。これは結構驚きました。
iPad Air 2でもストロークの取りこぼしがありません。サクサクと書き続けられるのはすごい。

使用感まとめ

ペン先1.9mmでも感度は良好。保護シートを貼った状態でも全く問題ありません。ペン先が画面に当たると少しカチャっと音がしますが、使っているうちに気にならなくなる程度のものだと思います。

PenultimateとForge以外にも対応する主要な手書きアプリで試してみましたが、最新のSDKに対応してるかどうかで精度に差が出るようです。最新版のSDKは完成度が高く、接続と精度において信頼できるかと思います。

アクティブ方式のスタイラスペンの弱点を、プログラムで見事にコントロールしています。現時点でベストなシステムを完成させたのではないでしょうか。
小さな文字を正確に書くという部分では、日本語のひらがなや漢字はかなり高いレベルの精度が必要であるため、まだ完璧とは言えません。しかしJot Script 2は一定のレベルに到達したスタイラスペンだと思えました。

対応アプリをチェックしてから購入して欲しいと思いますが、Evernoteのコード付きというお得感も含めて買う価値のあるスタイラスペンと言えるでしょう。

後日、ペイントアプリProcreateでの使用感や使い方も解説する予定です。

ipadimage
▼近日中に以下のEvernote公式サイトから購入できるようになります。現在は旧モデルが割引価格で販売中。
日本のストアで販売開始。定価は9,490円、送料無料です。

【日本正規代理店品】 Adonit Jot Script 2.0 Evernote Edition スマートフォン&タブレットPC用スタイラスペン ADJS2G
[Amazon] 8,908円(通常配送料無料)

Jot Script 2の主な対応アプリ

Penultimate
Forge by Adonit
Noteshelf
GoodNotes 4
Procreate
Autodesk Sketchbook
Zen Brush

旧モデルはAmazonなどで少量割引販売されています。
【日本正規代理店品】 Adonit Jot Script スタイラスペン クールグレイ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク