Pixave for iPad | ProcreateファイルなどiPadアプリのデータもプレビューできる高機能画像ファイル管理アプリ


Mac版で高評価を得ている画像ファイル管理アプリ「Pixave」のiPad版がリリースされました。画像ファイル専門のアプリとは言え、実は動画やPDFなど主要なファイル形式を扱うことができるなど幅広い用途で使用できます。
Procreateの作品ファイルのプレビューができる点でも貴重なアプリですね。

Procreateを含むクリエイティブ系iPadアプリをサポート


主要な画像・動画のファイル形式に加えて、PDFなど対応するファイル形式が多く、ProcreateやPixelmatorなどのクリエイティブ系アプリのファイルをサポートしているのが大きな魅力です。

以下対応するiPadアプリ。

  • Pages
  • Numbers
  • keynote
  • Mindnode
  • Pixelmator
  • Autodesk Graphic
  • Procreate

SketchはMac専用アプリですが、ファイル形式は対応しているようです(未検証)。画像ビューアーとして認識していましたが、思っていたよりも書類のプレビュー機能も充実していてファイラーとしても重宝しそうです。

サムネイルを大きくプレビューできる


Procreateアプリ内のギャラリーではサムネイルのサイズが小さいため、大きくプレビューしたいときには1度開くしかありません。
そこで「Pixave」を使えば、画質は高くありませんが大きな表示で作品を一覧できます。

Pixelmator」や「Graphic」のような定番アプリのファイルにも、プレビュー専用アプリとして使う価値は十分にあります。

ちょっとした動画や画像の編集機能もあり


それほど使う機会は多くないかもしれませんが、画像にフィルターを加える機能もあります。また動画を切り取ってGIFアニメで出力したり予想以上に便利な機能が用意されています。

動画ファイルのサムネイルに好きなシーンを選んで指定できる機能も結構便利です。

他にもSafariの「共有」から、Webページのスクリーンショットを作成する機能、マップのキャプチャ保存などがあります。

ライブラリは複数作れてiCloudに対応


個々のファイルは「コレクション」「スマートコレクション」で分類します。
「コレクション」にはファイルをドラッグするか、共有メニューから追加できます。


「スマートコレクション」では、ファイル形式や作成時期など好きな設定を追加、その条件に合うものを表示できます。

さらに「コレクションを」をまとめることができる「フォルダ」があり、ファイル全体は「ライブラリ」として管理されます。


「ライブラリ」は複数作ることができ、切り替えて管理できます。またライブラリごとにiCloudへの同期が選択できるため、ファイルのバックアップとしても安心して使用できます。


それぞれのファイルには、カラーラベルのほか、タグやレーティング情報を付与して分類できます。

iPadアプリのバックアップやファイラーとしても活躍


実際に使って見ると、Procreateのファイルをバックアップしたり、資料を見るのに使ったりとiPad単体で使っても便利なアプリでした。
Mac版の方をメインで使っている人なら、同期してさらに活用できるでしょう。

現時点ではドラッグ&ドロップでのファイル追加に一部対応しない不具合?があるため、場合によっては「共有」機能を使ってファイルを追加する必要があります。
今後のアップデートで修正される予定ですので、改善されれば快適に使えそうです。

iOS11の「ファイル」では過去の記事で書いたようにいくつか不満点があり、特に拡張子の表示がないのが残念でした。逆に「Pixave」は拡張子が明示され、サムネイルも非常に見やすくなっています。

画像ファイルをたくさん扱うなら「ファイル」よりもずっと便利に使えます。ぜひお試しください。

スポンサーリンク