mazec | iPadで手書き入力が始まる。書くほどに精度があがる自動学習機能搭載の手書き変換 [キーボード]

mazec
「mazec」は手書きの文字をテキストに変換できるiOS8対応キーボードです。今までは特定のアプリの中でのみ使用できた「手書き入力」が、iPad上のどのアプリでも使えるようになりました。
キーボード入力が苦手な方にとっては待ち望んでいた機能かもしれませんね。
※「mazec」はiOS8に対応した機能です。

iPadのキーボードにmazecを追加しよう

1
アプリを起動した画面です。アプリからiPadにmazecの手書き入力キーボードの追加はできないので、設定アプリを起動して追加します。

2
設定アプリを起動してから[一般] → [キーボード] → [新しいキーボードを追加…]を選びます。そこで「mazec」を選択すると使用するキーボードのリストに追加されます。

3
リストに追加された「mazec」をタップして表示される「アクセスを許可」のスイッチを入れて、「許可」を選択しましょう。

4
これでキーボードに「mazec」が追加され使えるようになりました。
多少クセのある手書き文字でも認識してくれます。

5
左側にあるボタンから線の太さ、変換する文字の種類を選べます。
基本的には[All]にしておけば、ひらがな・英数字など混在したテキストに対応できます。

6
右端には1ストローク削除ボタンがあります。長押ししてからスライドすると一文字削除/まとめて削除できます。

9
一文字だけ削除したいときは、下線のある箇所をタップします。また変換を修正したい場合は変換候補から選びます。ここで修正した文字は保存され、今後は正確に変換されるようになりどんどん変換効率がUPしていきます。

自分の手書きのクセを覚えさせよう

7
「mazec」の手書きの日本語変換はかなりの精度ではありますが、スタイラスペンや指を使って書くため常にきれいには書けないと思います。

スタイラスペンなどでさっと書いた文字のクセをアプリに登録しておけば、かなり変換効率があがります。
アプリの「字形登録」から変換したい文字を登録しておきましょう。

8
使用中に修正した文字も「自動学習した文字」として確認できます。

最も相性の良いのはSu-Penスタイラス

11
「Su-Pen」スタイラスペンは「mazec」を開発したメーカー「MetaMoji」が販売している製品です。「mazec」で試してみると相性バッチリ。手持ちのスタイラスペンの中では一番使いやすかったです。
「MetaMoji」内でも「mazec」開発には当然「Su-Pen」の使用を想定して作っているため当然と言えば当然かもしれません。

iPad/iPhone用スタイラスペン (タッチペン) Su-Pen(Su-Pen mini) ブラックニッケル
[Amazon] 3,240円 通常配送無料

7
Su-Pen 交換用ミニペン先2個セット R201S-2
[Amazon] 1,800円 通常配送無料

広い可能性を持った手書き入力をぜひお試し下さい。

mazec – 手書き日本語入力ソフト (1.0.1)
カテゴリー:ユーティリティ
価格:¥700
開発:MetaMoJi Corporation

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク