Gladys | iOS11のドラッグ&ドロップで情報をストックしておける便利で新しい「シェルフ」アプリ

Gladys」はiOS11のドラッグ&ドロップを活用した新しいシェルフ(棚)アプリ。一時的な情報のストック場所として活用できるだけでなく、データのフォーマットを選んで出力できるなど便利な機能を持っています。
iPadでもiPhoneでも使えるユニバーサルアプリです。

「シェルフ」という新しい考え方のアプリ

iOS11で追加された「アプリ間のドラッグ&ドロップを使った情報のやり取り」は視覚的なわかりやすさだけでなく、作業効率をあげてくれます。

しかし実際には、ドラッグするデータは加工したりフォーマットを整える必要があったりして結局効率化できない場面も多いのです。

そこでこの「Gladys」のようなデータの一時的な置き場所「シェルフ」アプリがあれば、よりドラッグ&ドロップ機能を活用できます。

ドラッグしてどんどん情報を貯めておく

通常はこのようにSlide Overを使って画面右端からアプリを引き出し、データを保存したらしまうような使い方が向いています。

ブラウザやメールなどからテキストや画像、リンクなど様々な形式のデータをカード型のファイルとしてストックできます。

アプリは無料で使えますが、一定の数以上のデータをストックするには有料のアドオンを購入する必要があります。

フォーマットを選んでペーストできる便利さ

このアプリの大きな魅力はストックしておいたデータを出力する際に、フォーマットを選べるところです。

例えばブラウザで保存した画像の場合、画像データが保存されるだけでなくURLや画像名などが含まれています。出力するときには、そのいずれかのデータを選んでドラッグすることができます。

テキストならプレーンテキスト、リッチテキストを選択できるなど便利な使い分けができます。

各データにはメモを足したり、リスト分類するためのタグを加えて管理できます。

iPhoneと同期すればさらに活用の幅が広がる

最新のアップデートでiPhoneでの使用が可能となり、データのiCloud同期が行えます。これでiPhoneにストックしておいたデータを取り出す用途でも活躍してくれるでしょう。

Gladys

シェルフ系アプリは他にも「Copied」や「Yoink」「Dropped」などなどいくつかリリースされています。現時点では、その中でも「Gladys」が機能・使い勝手の面で最も優れていると思います。
個人的にはデザインも気に入っています。

「Gladys」などのシェルフアプリを活用するとiPadでの作業効率化がさらにすすみます。ぜひお試しください。

 

ユーティリティ
スポンサーリンク
iPad Creator

コメント