アイビスペイント(ibisPaint) 5.5.0アップデート | 無制限レイヤー対応やグラデーションマップなどの新しいプレミアム機能を追加

毎回のように驚きの新機能が用意されているお絵かきアプリアイビスペイント(ibisPaint)」のバージョン5.5.0がリリースされています。この最新バージョンでは、なんとレイヤー数の制限が撤廃され何枚でも追加できるようになりました!さらにプレミアム機能としてグラデーションマップやトーンカーブフィルターといったより高度な機能が追加されています。

レイヤーの制限を気にせずに描ける!

今回の目玉機能としてレイヤー数制限の撤廃が行われています。今まではレイヤーの上限を気にしてレイヤーを統合するなど、レイヤー数の節約を余儀なくされていましたが、これでもう制限を気にせずにレイヤーを追加できます。

当然ながら使用端末によっては、レイヤー数が増えすぎると動作が重くなることが予想されますので、使用環境に合わせて活用していきましょう。

レイヤー数制限はなくなりましたが、キャンバスサイズの上限は4096pxと決まっていますのでご注意ください。

新ジェスチャー:2本指・3本指タップで取り消し・やり直し

多くのiOSペイント系アプリで実装されているジェスチャーにも対応。2本の指で画面をタップすると「取り消し」、3本指でタップで「やり直し」操作が行えます。

もし誤動作が気になるなどこのジェスチャーを使用したくないときには、設定(歯車のアイコン)から「ジェスチャー」でオフにすることができます。

新フィルター:集中線とスピード線で漫画の効果をかんたんに追加

新フィルターとして「集中線」「スピード線」の2つが追加されています。どちらも主に漫画向けのフィルターで、今までは定規を使って手書きで入れていた集中線があっという間にキレイに描けます。

以下は集中線のパラメータです。

  • 入り抜き : 入りのみ、抜きのみ、入り抜きあり
  • 内側半径 : 0〜100% (100%はキャンバスサイズ)
  • 外側半径 : 0〜150% (100%はキャンバスサイズ)
  • 線の太さ : 1〜43
  • 線の間隔 : 1.0〜30.0
  • まとまりの数 : OFF、1〜100

ゆらぎ」の設定では集中線がきっちり揃わないようにランダムに長さや感覚を調整できます。手書きのような自然な雰囲気が出ます。

  • 内側半径のゆらぎ : 0〜100%
  • 外側半径のゆらぎ : 0〜100%
  • 線の太さのゆらぎ : 0〜100%
  • 線の間隔のゆらぎ : 0〜100%
  • まとまりのゆらぎ : 0〜100%

集中線に「カーブ」を加えるパラメータです。ちょっと怪しい雰囲気を出したりいろいろ工夫して使えそうです。

  • カーブ : -100〜100%
  • カーブの数 : 1〜10
  • 内側の波の大きさ : 0〜100%
  • 内側の波の数 : OFF、1〜36

  • 縦横比 : -100〜100%
  • 角度 : 0〜360°
  • 位相 : 0〜360°
  • 線の色
  • リセット

スピード線」についても「集中線」と同じようなパラメータが設定できますので解説は省略します。角度を自由に変更できるので、シーンに合わせて変更するといいでしょう。

(プレミアム機能)グラデーションマップでモノトーンを手軽にカラー化

新しく追加されたプレミアム機能を使うには、プレミアム会員になる必要があります。有料版の利用者も別途アプリ内で「月額300円(税込み)」で登録します。初めの30日間は無料で試すことができます(すぐキャンセルしても30日間使える)ので、試してから継続使用するか検討するといいでしょう。
今後もプレミアム機能は追加されていく予定だそうです。現時点では以下の機能がプレミアム機能の対象となっています。

  • トーンカーブフィルター
  • グラデーションマップ フィルター
  • 雲模様フィルター
  • オンラインギャラリー以外の画面での広告非表示

プレミアム機能の1つ「グラデーションマップ 」フィルターを使うと、グレーで描いた絵に好きなグラデーションの色を当てはめることができます。

カスタマイズしたグラデーションはお気に入りに登録していつでも呼び出せます。あらかじめ沢山のグラデーションサンプルが用意されているため、そこからえらんで試してみてからカスタマイズするといいでしょう。

(プレミアム機能)トーンカーブ、雲模様フィルタ

トーンカーブ」フィルターでは、高機能な画像調整機能が使用できます。「RGB」「赤」「緑」「青」それぞれ個別にトーンカーブを調整できます。

雲模様」フィルターはPhotoshopにもある雲のような模様を作り出せるフィルターです。雲以外にも応用できる定番のフィルターと言えます。
対応するパラメータは以下のようになります。

  • 拡大縮小 : 1〜100%
  • ざらつき : 0〜100%
  • 明るさ : -100〜100%
  • コントラスト : -100〜99%
  • グラデーション

以上、バージョン5.5アップデートについてご紹介しました。
機能について質問などありましたらコメント欄までどうぞ。可能な範囲でお答えします。

スポンサーリンク