「Paper by WeTransfer」4.3アップデートで画像を複数配置できるコラージュツールを追加

手軽に使える手書きメモ・スケッチアプリ「Paper by WeTransfer(旧Paper by FiftyThree)」がアップデート。最新バージョン4.3では有料のプロユーザー向けに複数画像が配置できる「コラージュツール」が追加されています。
今まではページ内に読み込める画像は1枚までと制限がキツかったのですが、今回のアップデートで好きな枚数を読み込めるようになりました。

有料プロユーザー向けに新機能をリリース

「プロユーザー」とは年間1,100円もしくは半年600円で開発をサポートするアプリ内の課金登録です。(金額は変更される場合があります。)

アプリの基本機能は無料で使用できますから、機能に不足があると思った方やもっと使い込みたい人は課金を検討するとよいでしょう。

プロユーザー向けには主に以下のような機能が提供されています。

  • ジャーナルのiCloud同期
  • ブラシサイズを3段階で変更
  • 特別なデザインのカバー
  • カラースウォッチ無制限
  • ページをまたがるコピペ
  • 複数ページの選択
  • コラージュツール(新)

↓各機能については過去の記事で解説しています。

Paper - FiftyThree 4.1アップデート | ブラシサイズが3段階に調整可能に。Apple Pencil使用時の指消しゴムにも対応!
iPadの手書きメモとして、またスケッチツールとして愛用している「Paper — FiftyThree」がバージョン4.1にアップデート。今回のアップデートには要望が多かったブラシサイズの変更機能やApple Pencil使用時の指での...
Paper by FiftyThree 2.5.1 | 美しいダイアグラムが一瞬で描けて、プレゼン素材も作れる「Think Kit」が追加
FiftyThreeのスケッチアプリ「Paper」が2.5.1にバージョンアップ。新しいツールが追加されました。ダイアグラムをきれいに描くための3つのツールがセットになった「Think Kit」があれば、プレゼン資料作りやブログなどで使う...

複数の画像を配置できる「コラージュツール」追加!

個人的に本当に長い間待ち望んでいた、複数の画像配置機能がついに追加されました。「コラージュツール」として1ページ内に画像を好きなだけ追加していくことができます。

iPad内の写真アルバムから一度に複数の写真を連続タップして選べるのも便利です。

 

もちろんSplit ViewやSlide Overを利用して、画像をドラッグ&ドロップでページ内に追加することも可能です。

私の場合、よく使う素材は「Copied」アプリに保存しており、Slide Overで素早く引き出してページ内にドラッグできます。iPadのノートでおすすめの使い方です。

読み込んだ画像はフリーハンドで切り抜き

ページ内に読み込んだ画像は、タップして選択すれば(選択中の画像にはドロップシャドウが付く)2本指で回転や拡大縮小が可能です。

さらに画面下部に表示されている鋏のアイコンをタップすれば、フリーハンドで画像を切り抜きできます。

重なりの順序はジェスチャーを使って変更可能

複数の画像を配置するようになると、重なりの順序を変更したくなるときがありますよね。そんなときは前にしたい画像をタッチしながら、後ろに配置したい画像をタップします。

あまり画像が多くなるとこの操作もやり辛くなるかもしれませんが、このアプリで複雑な作業はしないでしょうから必要充分な機能だと思います。

無料の手書きメモ、スケッチアプリとしても優秀

今回紹介した機能はプロユーザー向けのものですが、無料で使える機能だけでも使い勝手の良い優秀なアプリです。

無料で試してみて「コラージュツール」が使いたくなったら課金を検討してみてはいかがでしょうか。

 

Paper by WeTransfer
Paper by WeTransfer (4.3)
デベロッパー:WeTransfer
価格:無料 (2019/03/06)
互換性:iOS10.0以降 iPhone/iPad対応

コメント