ティム・クックCEOはiPad miniの「Procreate」アプリでスケッチしていた

突然の新iPad miniとiPad Airの発表に驚いた方も多いと思いますが、Apple CEOのティム・クック(Tim Cook)氏が同時にTwitterアカウントでApple PencilとiPad miniを使ったスケッチを披露しています。
使用しているアプリはどうやら「Procreate」のようです。

ティム・クックCEOがTwitterでiPad miniスケッチを披露。使っているアプリは?

ティム・クックCEOの公式Twitterアカウントでは、iPad mini発売に合わせApple Pencilでスケッチ中の写真を公開しています。

ティムクック氏の投稿した画像から判断すると…

ティムクック氏の投稿した画像から判断すると…

そのiPad miniの画面左上に小さなアイコンが表示されており、このデザインから使用アプリは「Procreate」だと判断できます。

「Procreate」にはツールバーを非表示にして、キャンバスを画面全体に表示できる「フルスクリーン」機能があり、この機能の使用中にアイコンが表示されます。

Procreate (4.2.5)
デベロッパー:Savage Interactive Pty Ltd
価格:1200円 (2019/03/21)
互換性:iOS11.1以降 iPad対応

Procreateのフルスクリーン機能の使い方

標準では4本指タップでフルスクリーン表示に切り替わる

標準では4本指タップでフルスクリーン表示に切り替わる

「Procreate」のフルスクリーン機能は、初期設定では画面を4本指でタップするジェスチャーで起動できます。またフルスクリーンをオフにするには左上のアイコンをタップします。

フルスクリーン表示中は左上にアイコンが現れる

フルスクリーン表示中は左上にアイコンが現れる

フルスクリーン機能はアプリ内のジェスチャー設定で別の操作方法に割り当て可能です。
設定方法やジェスチャー機能について詳しくは過去の記事で解説しています。

[最新版] Procreateを快適に使うためのおすすめ環境設定とジェスチャコントロール設定
iPadのお絵かきアプリ「Procreate(プロクリエイト)」には細かく使用感を調整できる設定があります。この記事では環境設定を自分好みにカスタマイズして、快適に使うためにおすすめの設定方法をご紹介します。Procreate使ってみて...

個人的にはあまり使わない機能なので普段はオフにしていますが、iPadでサインを求めたりラフスケッチをするようなシーンで重宝します。まさにiPad miniのような画面の小さい端末で有用な機能と言えるでしょう。

ちなみに今回ティム・クックCEOが描いた?ブラシはおそらく「カリグラフィ」に入っている「スクリプト」ではないかと思います。

iPad miniでもProcreateは快適に使えるようになるかも

iPad miniとWacom Bamboo Sketchで描いた

iPad miniとWacom Bamboo Sketchで描いた

実際にiPad miniでティム・クックCEOと同じようにProcreateでスケッチしてみました。と言ってもApple Pencilは使えないため代わりにWacom Bamboo Sketchを使用。Bluetooth接続で筆圧に対応しています。

ワコム スタイラスペン Bamboo Sketch 筆圧対応 iPad iPhone 対応 ペン入力デバイス USB充電方式 ブラック CS610PK
Wacom(ワコム)
¥9,878(2019/10/22 22:37時点)
Bamboo Sketchは、iOSデバイスに正確なスケッチをする事が多いユーザ向けのスマートスタイラスペンです。

iPad miniでのApple Pencilの使用感はどのようなものなのか、今からワクワクしています。早く試してみたいですね。

Bamboo Sketch 製品レビュー | ワコムのiPadやiPhone向け高機能スタイラスペンが発売!2048レベルの筆圧感知と硬さの違う2種類のペン先を同梱
Bluetooth接続対応のiPadやiPhoneで使えるスタイラスペン「Bamboo Sketch」がワコムから発売されました。入手した製品を使ってレビューしていきたいと思います。2048レベルの筆圧感知に対応、2種類の交換式ペン先付...
ニュース
スポンサーリンク
iPad Creator

コメント