Bamboo Sketch 製品レビュー | ワコムのiPadやiPhone向け高機能スタイラスペンが発売!2048レベルの筆圧感知と硬さの違う2種類のペン先を同梱


Bluetooth接続対応のiPadやiPhoneで使えるスタイラスペン「Bamboo Sketch」がワコムから発売されました。入手した製品を使ってレビューしていきたいと思います。
2048レベルの筆圧感知に対応、2種類の交換式ペン先付属、2つのサイドボタンで素早くツールを切り替えられるなど、ペンタブレットメーカーのワコムならではの高性能な機能を持つスタイラスペンとなっています。

ワコムから発売のスタイラスペン最新モデル


iPadやiPhoneで使用できるスタイラスペンで最も高機能なモデルである「Bamboo Skecth」が登場。過去に発売されていた「Intuos Creative Stylus」の後継機となるモデルです。

Bluetooth接続することによって、筆圧感知、描画位置の補正、サイドボタンによるツールの起動など便利な機能を利用できます。

Bamboo Sketch の基本性能

  • 2時間の充電で15時間使用可能
  • 2048レベルの筆圧感知
  • 専用のマグネット式USB充電器を使用
  • ソフトとハードの2種類のペン先が付属
  • 2つのサイドボタンを使ったショートカット機能
  • パームリジェクション機能

Bamboo Sketch 対応端末

  • iPad 3〜5世代
  • iPad Air / Air2
  • iPad mini 1〜4
  • iPad Pro 9.7インチ/12.9インチ
  • iPhone 6 / 6 Plus
  • iPhone 6s / 6s Plus
  • iPhone 7 / 7 Plus

購入の際に注意したいのは、使用端末が対応しているのか、使う予定のアプリが対応するかどうかという点です。

Amazonなど大手量販店でも販売されますが、現時点では店頭は少し品薄なようです。

本体価格は税込9,698円。
交換用のペン先は税込1,620円、充電器は2,160円でワコムスアで購入できます。

Bamboo Sketch対応アプリ


以下は対応アプリです。ワコム公式ページに記載されている情報を書き出してみました。

それぞれのアプリを一通り試してみましたが、「Adobe Draw」「Adobe Skecth」の2つは接続ができませんでした。
またリストにありませんが「Autodesk SketchBook」がiPadでもiPhoneでも使用可能です。

iPadでのみ使用できるアプリとiPhoneでも使えるアプリがあります。実際に試してみた中では、以下のアプリはiPhoneでも使用可能でした。

  • Sketch Club (使用可)
  • Good Notes (使用可)

各アプリで使用する際には、設定画面などでペアリングを行なってから使用します。

パッケージ開封と使用開始


パッケージには豪華なペンケースが付属します。
ケーズにはスタイラスペン本体に加えて、交換用のペン先の2つと充電器を収納できます。


ケースの側面にはペン先チップを取り外すための穴が空いています。

この穴が優れもので本当にすんなり取り外しできました!
ケースは素材感もよく、磁石で蓋がカチッと閉じます。(メガネのケースみたいな感じです)


「Bamboo Sketch」を旧モデルのIntuos Creative Stylusと比較。
長さは変わらず、グリップ部分が細くなりました。ゴツイ感じのペンから、筆記具らしい外観へと生まれ変わっています。

ペン軸の重心は癖はありません。
全体がザラザラした質感で滑りにくいデザインになっていますが、やや硬くて長時間の使用は疲れやすいようです。


使用するには、まず専用の充電器を使って内蔵バッテリーを充電します。

過去のモデルではミニUSBで充電できましたが、充電口の作りが弱い感じなのが気になっていました。

でも「Bamboo Sketch」ではマグネットで本体と接続。充電中に引っかかったりしても壊れない安心で簡単な充電方法が採用されています。これは良い変更だと思いました。

代わりに充電器を携帯する必要がありますが、付属の専用ケースに入れて持ち歩けば気にならないと思います。

スタイラスペンの使用感

ペン先の感触
画面に軽く触れるくらいで反応するのでタッチ感度は高いです。
ペン先はやや硬い素材のため画面に接触したときコツっと音がしますが、よほど神経質でなければ気にならない範囲だとは思います。

ソフトとハード2種類のペン先があり、それぞれ硬さに違いがあります。どちらも適度な摩擦を感じさせるゴロゴロとした凹凸を感じます。

ガラス面で使用しても引っかかりすぎず、滑りすぎずちょうど良い摩擦があります。

筆圧感知
2048レベルの筆圧感知をきっちりコントロールするのは難しいかもしれませんが、感度が良くやわらかいのでストレスはありません。

筆圧の弱い人でも苦労することはないと思います。

ペンの握りとサイドボタン
三角形のペン軸は転がりにくくて扱いやすいです。
しかし個人的にはIntuosスタイルのペン先の方が太くなっているデザインの方が好きですね。この細くて直線的なデザインも悪くはないのですが、長時間使用するペンとしてはもう少し丸みがある方が良い気がします。

サイドボタンは、間違って押しやすいのですが慣れれば問題ないかと思います。

不要ならアプリ側でオフにもできます。

パームリジェクション
iPad全般でパームリジェクションの精度は低いようです。
誤動作の原因となるため手袋をしたり、タッチジェスチャーをオフにするモードを活用するようにしたいですね。

iPadとiPhoneでの違い
iPadではパームリジェクションの精度が低く、Apple Pencilと比べて誤動作が多いのが気になります。定番ペイントアプリのProcreateが使えないのも残念なところです。

快適に使うには手袋をはめるか、手のひらを置く布などを用意した方がいいでしょう。

一方でiPhoneならパームリジェクションが不要なため、動作に不満はありませんでした。


交換用のペン先
ペン先のチップは2種類あり、元々ついているソフトペン先に加えて、ケース内にもう一つソフトペン先とハードペン先が入っています。

全部で3つのペン先が付属しているため、すぐにすり減って買い直すことは無さそうです。

ソフトとハードのペン先は、それぞれ画面に接したときの感触が違います。外観の違いは先端の色が違うだけです。

使用感の違いはそれほど大きくなく、好みで選ぶとよいでしょう。摩擦の違いもほぼありません。

アプリごとの使用感


アイビスペイントではパームリジェクションをONにすると、ペン先しか反応しないようになります。この機能のおかげでほぼ誤動作しません。代わりに指でのジェスチャーが使えなくなります。

ピンチズームなどのジェスチャーを使いたいときは、サイドボタンにパームリジェクションON/OFFを設定すると効率よく使い分けできました。

アイビスペイントはAodnit Pixel非対応ですので、iPadで筆圧感知機能を使ってお絵かきするなら、「Bamboo Sketch」一択となりますね。


日本では知名度が低いアプリになりますが「SKetch Club」がかなり使いやすかったです。iPhoneでもツール配置をカスタマイズできて画面を広く使えます。

サイドボタンには「元に戻す・やり直す」のほかに、「ブラシサイズUp/Down」「ブラシ不透明度Up/Down」も選択できるなどスタイラスペンでの使用が快適になるようによく考えられています。

設定パネル内で筆圧のかかり具合を表示できるので、かくにんしてみたところ、「Bamboo Sketch」は筆触がやわらかく設定されていることがわかりました。(中間くらいまでは軽くそれ以降は硬い)


「Autodesk SketchBook」も独自のストローク補正が効いており、ヨレが少ないきれいな線が描けます。手のひらを置いたときに画面下に配置されているショートカットボタンに誤って触れてしまう点を除けばまずまず快適に使えます。

「Bamboo Sketch」対応のお絵かきアプリでおすすめは以下の4つです。それ以外のアプリでも使えなくはないのですが、ややレスポンスが悪い印象があります。

  • アイビスペイント ibisPaint
  • Autodesk SketchBook
  • Skecth Club
  • Concepts

まとめ

ペン先の作りはさすがワコムと言えそうです。しかし精度は先行して販売されているAdonit Pixelにやっと追いついたかという印象です。

しかしiPadでProcreateに対応しない(ワコムの提供するSDKに難ありという噂)のは本当に残念ですね。代わりにアイビスペイントに対応する貴重な筆圧感知スタイラスペンですので、アイビスペイントでお絵かきしたい人には、この製品はベストなスタイラスペンとなるでしょう。

iPhoneで使うスタイラスペンとしては、現時点でベストな製品だと思います。iPadに比べて画面が小さいため遅延や位置ずれなどの問題が少なく、慣れれば凝った絵作りもできそうですよ。
筆圧感知がやわらかめなのもモバイル向きです。

アイビスペイントなどiPhoneで人気のアプリが使える点も大きなメリットです。

注意したいのは、ワコムは対応アプリの認識があやふやなところがあり、公式ページの情報に誤りがあることも多いです。

レビューを見ていただいて、現状で使える環境をチェックしてからの購入を強くお勧めします。

後日追記する予定です。

参考ページ:
Bamboo Sketch : セットアップと使用方法 | Wacom

Bamboo Sketch:スケッチやメモに最適な高精度スタイラスペン | Wacom

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    こんにちは、Procreateの件ですが、昨日対応アップデートが来たようです。よろしければ使用感などをレビューしていただけませんか?

    • Necojita より:

      記事をアップしました。
      やや不具合が気になるアップデート内容ですので、現時点では無理に使用する必要はなさそうです。

  2. koto より:

    Bamboo sketch を iphone7+medibangを使用したいと考えています。iphoneは未対応とのことですが、実際は使えたりしませんか?

    • Necojita より:

      手元のiPhone6sで試してみたら接続はできました。
      動作もある程度は可能ですが、位置がズレたりするのでそれほど使い勝手はよくないかもしれません。

      未対応だけど使える。でもよくはない。という結果でした。
      Wacomはほとんどの場合、新機種への対応もしないメーカーなので、今後のアップデートも期待できないと思います。