iPadOSに単独でフォントをインストールできる初のAppStoreアプリ「Font Diner」

iPad自体にフォントをインストールするには、「AnyFont」などのアプリを用いてやや手間のかかる手順を踏む必要がありました。
最新のiPadOSおよびiOS13ではフォントをアプリとしてAppStoreからインストールして管理できる仕組みが用意されています。「Font Diner」はこの新機能を活用したおそらく初めてのフォントインストール対応アプリとなります。

この記事ではiPadOSのフォントの管理方法も一緒にご紹介します。

アプリをダウンロードして簡単にフォントをインストール


アプリを起動したらフォントの利用規約を確認後「Agree」をタップ。
続けてフォントを「インストール」をタップします。

これでインストールは完了。非常に簡単ですね。

※フリーのフォントでも商用利用はできないなどそれぞれ規約は異なります。仕事で利用する際は利用規約をしっかり確認しましょう。

インストールするフォントの管理方法


上記の手順が進むと画面下に表示されているライブラリータブからインストールしたフォントの管理が行えます。アプリにはメジャーなフリーフォントが多数収録されています。日本語フォントはありません。

初期設定ではフォントは全種類インストールされますから、不要なものは後からスイッチをタップしてオフにしましょう。

iPadの設定アプリでインストールしたフォントを確認する


iPadOSでは設定アプリ内でインストールフォントを管理できます。

「一般」→「フォント」を選択します。


「フォント」では「Font Diner」でインストールしたフォントが表示されています。アプリでのインストールが成功していることが確認できました。


さらにフォント名をタップするとフォントのデータが表示されます。

ここではファイルサイズや著作権表示などを見ることができ、右上の「削除」からも不要なフォントを削除できます。

「AnyFont」など他のアプリを用いてインストールしたフォントもすべてここに表示されています。

今後はiPadOSでフォントの管理が楽になりそう


現時点では日本語フォントも配布されておらず、AppStoreからダウンロードできるアプリも「Font Diner」以外見当たりません。

しかし、Appleのイベントで紹介されていたように今後は大手のフォントメーカーからもアプリがリリースされ、購入もしやすくなる(画像はイベントで紹介された際のもの)のではないでしょうか。

Font Diner
Font Diner (1.02)
デベロッパー:Mister Retro
価格:無料 (2019/09/30)
互換性:iOS13.0以降 iPhone/iPad対応
【最新版】 iPadに好きなフォントを追加(インストール)する方法
iPadの画像編集アプリなどで好きなフォントが使えるようになる方法をご紹介します。「AnyFont」を使ったインストール方法と、日本語フォント追加のコツなども詳しく解説します。無料アプリの利用方法も紹介します。お気に入りのフォントに変...

コメント