Jot Pro 2.0 | ピンポイントで書ける。透明ディスク型スタイラスペンの2015年最新モデルをレビュー

ipadimage
iPadの画面でもボールペンで書くような感覚で使えるJotスタイラスペンに新モデルが登場。「Jot Pro 2.0」はデザインを一新、機能もより洗練されています。
iPadでメモやスケッチをしたい人には、まず初めにおすすめしたいペンです。

モデルチェンジしたJot Pro 2.0がリリース

ipadimage
今までのJot Proモデルはグリップ付きで磁石を内蔵しており、Jotスタイラスペンの中でもヘビーユーザー向けモデルでした。

しかし旧型のJotスタイラスペンは取り扱いが終了したようで、Jot ProとMiniがスタンダードモデルとして置き換えられるようです。

ipadimage
↑Jot Pro 2.0パッケージ背面。日本語でも説明文があり、以下のような記載がされています。

細い線を描く。文字や絵をボールペンのように精密に描けます。
タッチパネル対応。iPad、iPhone、Android、Windowsその他多くのタッチパネル機器に対応されます。
運びやすいクリップ式。携帯しやすい流線型のフォルム。
スムーズな書き心地。ダンパー機能搭載のペン先が衝撃を吸収するため、滑らかで静かな描画を実感いただけます。

ipadimage
パッケージには、スタイラスペンを固定するトレーと製品のみが入っています。
トレーに固定するためのテープを外せばペンを取り出せます。

Jot Pro 2.0の新機能と変更点

ipadimage
新しいJot Proはデザイン・機能の両面で変更されている部分があります。

ipadimage
まず外観をみると、Miniモデルだけに採用されていたクリップ機能が追加されています。長さや太さはほぼ同じです。

ipadimage
ゴムグリップが廃止され、代わりにアルミ製のペン軸に溝の加工がされています。
キャップの角は面取りがされていて、持ちやすくなっていますね。

旧モデルの内臓磁石もiPadにくっつけて持ち歩くには便利でしたが、新モデルで磁石がなくなって軽くなったことはよい変更だと思います。

透明ディスクは銅パーツ入りの最新型に進化

ipadimage
先端の透明ディスクに変化はないと思っていたら、以前はJot Touch 4にのみ付属していた銅パーツ入りディスクに変更されていました。銅パーツ入りのディスクは、旧型のディスクよりも感度が向上しており、接触不良が軽減されています。

旧モデルのJot Proを購入されている方でも、磁石が不要でクリップ機能が欲しい方なら、新Jot Proに買い換える価値は充分あると思います。

Jot Pro 2.0におすすめのアプリ

ipadimage

Jotスタイラスペンは正確に書けるので、手書きメモに最適。私は普段NoteshelfGoodNotes 4Procreateなどのアプリでよく使っています。

ダンパー機能があるので書いていても疲れず、音もほとんど気になりません。
パームリジェクション付きのアプリで使用すれば、精度はますます安定しますよ。

ipadimage
お絵かき・スケッチアプリでは正確に仕上げたいときには必須アイテムと言えます。
ペンを寝かせすぎるとディスクの角が当たってしまうので、iPad自体に角度をつけられるケースやカバーと合わせて使うとより快適です。

Jot Proは精度を求める人のためのスタイラスペン

ipadimage
日本でJotスタイラスペンを購入するには、家電量販店かAmazon.jpで購入できます。
カラーバリエーションはシルバーとブラックの2種類。iPadやカバーに合わせてお選びください。

【日本正規代理店品】 Adonit Jot Pro 2.0 シルバー ADJP3S
[Amazon] 3,280円 通常配送無料

【日本正規代理店品】 Adonit Jot Pro 2.0 ブラック ADJP3B
[Amazon] 3,280円 通常配送無料

Jotスタイラスペンの全モデルについては、以下のページにまとめています。
Jotスタイラスペン・タッチペンまとめ | iPad Creator

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク