Matter | 写真の中の空間に3Dオブジェクトをリアルに合成する画像加工アプリ

matter
「Matter」は写真の中にさまざまな3Dオブジェクトを違和感無く合成できるアプリです。日常の風景に巨大なオブジェクトを合成してSFっぽい世界観の写真や動画を作り出せます。
iPhoneとiPadで使えるユニバーサルアプリです。

まずは合成する3Dオブジェクトを選択

1

2
加工する写真を選んだら、合成するオブジェクトセットを選びます。
1つのセットごとに14〜18個のオブジェクトが収録されています。後からセットを変更することも可能です。

オブジェクトの角度や質感を調整する

3
写真の上に重ねられたオブジェクトは2本指のピンチイン・アウト操作で拡大縮小、移動ができます。

4
「STYLE」ではオブジェクトの質感や色合いを変更できます。半透明や鏡のように映り込む質感も美しいです。

影の調整でよりリアルに

5
「Matter」ではオブジェクトを写真に重ねるだけでなく、空間に合わせたリアルな影を作り出せるところが大きな特徴です。
「SHADOW」タブにはBLUR(ぼかし)やOPACITY(透明度)とFLOOR(地面の角度)を細かく調整して地面の角度に合わせましょう。影が物体に重なって不自然に見える場合は「MASK」機能でその箇所を削ります。

調整が完了したら、画面右上の三角形のアイコンをタップして出力しましょう。

オブジェクトのランダム生成や動画出力も面白い


細かく調整するのもいいのですが、ランダムボタンで色んなパターンのオブジェクトを手軽に楽しむこともできます。迷ったらランダムボタンをぽちぽちっと押してみてください。


動画として出力することもできます。動画の場合はオブジェクトが浮遊するようなエフェクトが追加されます。
写真としての出力もいいですが、動画もVineやInstagramなどに投稿して遊べそう。

このアプリで作成されたカッコイイ合成写真も多数投稿されている(アプリ内から閲覧可能)ので、参考にしながら3D写真合成に挑戦してみてはいかがでしょうか。

Matter (1.0.1)
カテゴリー:写真/ビデオ
価格:¥200
開発:Pixite LLC

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク