Sensu Brush | 本格的な筆で描ける感触が気持ちいいペイント向けiPadスタイラスペン[レビュー]

sensu
実際の筆の形状を使ってお絵描きできるスタイラスペン「Sensu Brush」を試してみました。iPadの画面でも反応する特殊な毛が使われており、柔らかい感触を楽しみながらペイントアプリを使ってお絵描きできます。
手書きメモにも使いやすいゴムタイプのペン先も付属。1本で2種類の使い方が楽しめます。

筆型とゴムのペン先を1セットにしたスタイラス

1
以前は海外からの取り寄せしか扱いがなかったのですが、最近は日本でも通販で手軽に手に入るようになりました。2種類のペン先が1つになっているため少し高価なスタイラスペンですが、完成度の高い筆型のペン先を使用できます。

2
箱の中には本体のスタイラスペンと梱包材、カラーの豪華な解説書が1枚入っています。
推奨アプリがいくつか掲載されていますが、通常のスタイラスペンと同じようにすべてのアプリで使用できます。

筆先はコシのあるしっかり反応する素材

3
ペンからキャップを外すと筆先が出てきます。筆先の感触はかなりしっかりしており、過去に購入した筆型ペンよりもリアルな筆らしい形をしており、先端に適度に丸みをつけているところも美しい仕上がりです。

4
キャップやペン軸はどれも高級感のある作りで、長く使えそうな雰囲気があります。

ブラシ状のペン先は反応も感触すばらしい

5
Sensu Brushの筆先をペイントアプリで使用してみました。アプリ側で筆先のサイズや筆圧を認識してくれるわけではないので、筆であってもゴムであっても同じ反応なのですが、実際にはブラシ形状になることでかなり感触がよいです。
細かい操作は難しくなりますが、ブラシのストロークを生かした絵作りを考えるようになるためアナログ的な感覚が楽しめて非常に面白いと思います。

6
細かい操作が得意ではないとは言っても、長押しでスポイト機能を使ったりボタン操作するのも充分いけます。iPadなら軽く反応してくれて、iPad miniでもブラシを寝かし気味に使えば良好な反応が得られます。

7
ブラシタイプのペンの反対側には一般的なゴム製のペン先がついています。
ちょっとかためゴム先は幅広い角度で反応してくれるため、手書きノート作成でも活躍してくれるでしょう。

いつもペイント向けのペンを持ち歩くのは面倒だという方でも、普段はゴムタイプのペン先で使用してたまにブラシタイプでお絵描きという使い方ができるのがいいですね。
特殊なスタイラスペンのように見えますが、なかなか実用的なペンだと思います。

ゴムタイプにきりかえるときには、ブラシタイプの毛先をキャップで挟まないように注意しましょう。

8
iPadに最適!ペイントブラシ型スタイラス「Sensu Brush」 [Amazon]

iPadで絵を描く際にオススメのペイントブラシ型スタイラス[楽天]

▼こちらの筆のみタイプもおすすめ
sensu solo | お絵描きが楽しくなる本物の絵筆のようなiPadスタイラスペン[レビュー] | iPad Creator


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク