Adobe Photoshop Sketch 4.1アップデート | 遂にiPadアプリでフォトショップブラシのインストールが可能に。Apple Pnecil対応の機能も強化

Adobe Photoshop Sketchでは、前バージョンからPhotoshopブラシのインストールに対応していましたが、デスクトップ版との連携が必須となっていました。
しかし今回のアップデートによりiPadアプリ単独で、ブラシのインストールが可能に。ブラウザからダウンロードしてきた高品質なPhotoshopブラシですぐにスケッチを始められます!

アップデート内容

Photoshop ブラシの読み込みすべての Photoshop ブラシ (.abr または .tpl) を直接 Sketch に読み込むことができます。Photoshopを開く必要はありません。アートワーク内のペイント描画の透明度を維持しつつ、既存のアートワーク内のみをペイントできます。Apple Pencil の向上Apple Pencil を使用する際に、指による描画と削除を可能にするか、または指は無視するかを指定できます。Sketch プロジェクトの共有Sketch プロジェクトは内蔵のリンク共有機能を使用して他のユーザーと簡単に共有できます。 

無数にある高品質なPhotoshopブラシがiPadで使える

ネット上にはPhotoshopで使える「.abr」形式のブラシがたくさん配布されており、無料のものでも高品質なブラシが手に入ります。

アップデートにより、デスクトップ版のPhotoshopを持っていないユーザーでも、「Adobe Photoshop Sketch」アプリを使えばブラシをダウンロードして活用できるようになります。

ブラシをダウンロードする方法もとっても簡単です。
ブラウザなどで表示しているページ内のダウンドードリンクをタップ。ダウンロードされたファイルを、「その他…」から「Adobe Sketchにコピー」を選択するだけです。アプリが開いてブラシを読み込んでくれます。

ツールプリセットの「.tpl」ファイルも同様にインストールできます。


Dropboxなどのクラウドサービスに保存したファイルは、ブラシサムネイルを長押しで表示される「ブラシの選択ウィンドウ」右上にある「追加」から読み込めるようになっています。

実際に使用してみたところ、ブラシの設定項目が違うためPhotoshopで使うときと全く同じにはならないのですが、実用性は高いと思いました。

手ぶれ補正機能がないため滑らかな線画作りは難しそうですが、ラフなスケッチや塗りには良さそうです。

Apple Pnecilの指モードに対応!消しゴムに設定すると劇的に効率アップ

Apple Pencilに対応する「指モード」が追加されています。
この機能では、Apple Pencil使用時に指とペン先をそれぞれ別のツールとして扱えます。例えば、ペン先はブラシとして、指では消しゴムといったようにショートカットキーを使わずに効率よく作業ができます。

「Adobe Photoshop Sketch」では以下の4つから指モードに当てる機能を選べます。

  • 現在のブラシで描画
  • ジェスチャーのみ
  • 消しゴムを使用
  • 現在のブラシで消去

「現在のブラシで消去」を選ぶと、使用中のブラシを消しゴムとして使えるため、消しゴムツールと使い分けできる便利な機能です。

環境設定ではほかにもツールバーの配置、インターフェースの「タッチ表示」の有無などが選択できます。

レイヤーにアルファロック機能が追加


レイヤーには、新しくアルファロック機能が追加。
レイヤー設定ウィンドウの下の方にある、「内部をペイント」という項目のスイッチをオンにすればアルファロックできます。

画像編集アプリとの連携ができれば…

ブラシの選択肢が増えて一気に実用性が高くなった「Adobe Photoshop Sketch」ですが、画像編集機能を備えていないためアプリ内だけで仕上げまで持っていけないところが惜しいです。

現状ではスケッチが完成してから画像編集アプリに読み込んで最終の調整をすることになります。スケッチ途中でレイヤーを維持したまま色を変更できない点を、何とかアプリ連携などで解消できるといいですね。

アプリはAdobeIDさえあれば無料で使えます。
実際にブラシをダウンロードして遊んでみてください。

スポンサーリンク