最新ペイントアプリArtstudio Proが近日リリース。Photoshopを飲み込む新時代のiOSアプリになるか

2017年はインパクトのあるグラフィックアプリのリリースが続きましたが、年末のトリを飾るペイント、画像編集アプリ「Artstudio Pro」がまもなく登場します。
前作の「Artstudio」も人気のお絵かきアプリでしたが、「Artstudio Pro」ではさらにApple PencilやiCloud Drive対応、Photoshopブラシをインストールできるなど飛躍的な進化を遂げています。

PhotoshopブラシをiPad Proでそのまま使える

今までのiOSアプリはインターフェースも、そこで使用するツールもすべて自前のものでした。それはiOSのスペックに合わせたものを作る必要性があったため必然とも言えます。しかし近年のiPad ProモデルはPCに比肩するスペックがあり、PCソフトをそのまま動作させることも可能になっています。

そこで「Artstudio Pro」ではインタフェースはiOSに最適化されたものを使い、ブラシ(ABRやTPLファイルに対応)やカラースウォッチなど、そこで使うアセットをインストールできる仕組みをとっています。

PCでは主にPhotoshopを使って描いていたクリエイターなら、使い慣れたブラシ、スウォッチ、パターン、グラデーション、フォントなどの資産をそのままiPadに持ち込めます。

高機能なのに使いやすいユーザーインターフェース

先に触れたように「Artstudio Pro」は多機能ですがインターフェースはiOSらしいシンプルさを保っています。さらにiPhoneでも同じ機能が動作するため、片手でPhotoshopブラシを操作することもできてしまいます。

またmacOS版も同時にリリースされ、いつでもどこでも同じツールを使える環境が手に入ります。
作品ファイルをiCloud Driveに保存しておけば、MacとiOS間のファイルのやりとりも簡単です。

ネックとなるのは日本語非対応か


アプリが英語にしか対応していないことは、気になる人も多いと思います。前作の「Artstudio」は英語表示でしたが、時間とともに多くのユーザーに受け入れられるようになったことを考えると、アイコンやインターフェースが分かりやすい点が良かったのかもしれません。
「Artstudio Pro」でも同じように英語表示であっても人気が出て欲しいですね。

PCソフトがiOSを飲み込むのか、iOSアプリがPCを飲み込んでしまうのか、これからもそういった動きが活発になりそうな気がします。

Artstudio ProはiOS版が11.99ドル(1,400円)、macOS版が39.99ドル(4,800円)で販売されます。
尚、リリースから1ヶ月間は割引セールが行われる予定で、iOS版が6.99ドル(960円)、macOS版が23.99(2,800円)ドルになるそうです。

※日本円は予想価格です。

スポンサーリンク