Procreate 5.0アップデートではブラシのグレイン設定が強化!スクリーントーンなどの描画がより正確に

年内にリリース予定とされるペイントアプリ「Procerate」の5.0アップデートについて、公式フォーラムにてブラシ関連の新情報がありました。ブラシのテクスチャとして使用できるグレインについて、個々のストロークの描画が繋がるように設定する機能が追加されるようです。
スクリーントーンを描くブラシなどで非常に重宝することでしょう。

より快適にスクリーントーンが描けるブラシ設定が追加される

Procreate公式フォーラム内の投稿「Brush grain – Absolute Positioning」にて公式アカウントよりブラシのグレイン設定に新機能を追加することが報告されています。

Procreateのブラシは、ブラシの形状を表す「シェイプ」とテクスチャを描画する「グレイン」の2つの画像から構成されています。「グレイン」はストライプ模様やスクリーントーンを描く際に活用できるのですが、欠点としてはストロークが途切れると重なった部分の「グレイン」は繋がらず重ねて描画されてしまいました。

一方Photoshopのブラシではストロークが重なっても描画が繋がるように処理できます。(iPadアプリではInfinite PainterAutodesk SketchBookでもPhotoshopのように描くことが可能です)

Procreate 5.0ではこのようなブラシを実現できるように、おそらく新しい設定項目が追加されるということだと思います。Procreate単独で漫画を描きたい人には朗報と言えるでしょう。

上記のようにバージョン5.0アップデートには発表済みの機能(CMYKカラーモード、カラーダイナミクス、パレットのフローティングウィンドウ化など)以外にも改良が加えられているようですね。

今後も新情報があれば記事にしていく予定です。

「Procreate」次期大型アップデート バージョン5.0の内容が発表!フローティング表示のカラーパレットやCMYKカラーモードに対応など新機能が続々追加
Savageよりペイントアプリ「Procreate」の次期アップデート情報が公開されています。発表されている内容としては、CMYKカラーモードへの対応やブラシのカスタマイズ環境を全画面で行える「Brush Studio」、そしてカラーパ...

Procerateの情報はこちらでまとめています。

Procreateアプリの使い方・機能解説まとめ
Procreate(プロクリエイト)は高速な描画エンジンを使用したiPad定番のお絵かき・イラストアプリです。鉛筆や水彩などアナログ感のある画材を上手く再現しつつCGらしい高いカスタマイズ性も備えています。Photoshopのように自作...
Procreate (4.3.6)
デベロッパー:Savage Interactive Pty Ltd
価格:1200円 (2019/09/24)
互換性:iOS12.0以降 iPad対応

コメント