TruGlide Apex | Kickstarterで話題になったアクティブ型の極細スタイラスペン [レビュー]

truglide
「TruGlide Apex」はKickstarterで話題となっていたペン先2.4mmの極細型スタイラスペンです。アクティブ方式で画面に反応するため細くても感度がよいのが特徴です。

1
今回はKickstarter版を購入したセットをレビューします。
セット内容はスタイラスペン本体・電池・交換用ペン先チップに加えてペンケースとクリーニングクロスも付属しています。

TruGlide Apex: Fine Point Electronic Stylus for iPad

2
使い道は少ないですが専用スタンドも付属していて、かなりおまけが多いセットです。

3
クリーニングクロスは画面に敷いて手のひらを置いて使えるので便利でした。

TruGlide Apexスタイラスペンを使う

4
スタイラスペンを使用するにはまず付属の電池をペンにセットします。キャップをねじって取り外すと、中に単6電池が1個入るスペースがあります。プラスマイナスの向きを確認して挿入し、キャップを閉じれば準備完了です。

5
使用するときはペンの後ろ側をひねって電源を入れます。

6
電源を入れるとペン先のほうに付いているLEDランプが青く点灯。この状態でiPadの画面に触れると軽く反応してくれます。ペン先は柔らかく薄いゴムが金属のパーツに被せてあります。

と、ここまでレビューして察していただけるかと思いますが過去にレビューしている「Cregle Ink」とほぼ同じ作りになっています。基本的な構造は同じで、一部のパーツが違うだけの製品のようです。

Cregle Inkと使用感に大きな違いはなく、細いペン先でもしっかり反応(保護シートがあっても問題ない)します。描画位置のズレ具合も同じような感じでした。

ほかのアクティブスタイラスペンとの違い

7
おそらくTruGlide ApexにしてもCregle Inkにしても性能的な違いはないと言ってよいと思います。TruGlide Apexの方がわずかにズレが少ないかなという感じはあります(メーカー側の解説としてiPad Airなどにも対応するよう調整しているらしいです)が、買い直したり個人輸入するほどの差は無いでしょう。

TruGlide Apexの良いところ
・iPad横位置ならズレは非常に少ない
・ペン先がゴムなので適度に抵抗があり書きやすい
・電池の持ちが良く管理が簡単

TruGlide Apexの悪いところ
・iPad縦位置ではズレが大きく使い辛い
・強く押し付けて使うとゴムが破れる
・ペン軸は重く太め

アクティブ型のスタイラスペンを使ってみたいという方は、現状では手に入りやすいものを購入して試すのがおすすめ。今後は価格も落ち着いてくるはずです。

↓TruGlide Apexメーカーサイトはこちら
Apex Fine Point Active Stylus

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク