ワコムからCintiq Proモデルの半額以下で「Wacom Cintiq 16」を発売開始。ペン性能や液晶を比較した製品レビューまとめ

ワコムからCintiq Proモデルの半額以下で「Wacom Cintiq 16」を発売開始。ペン性能や液晶を比較した製品レビューまとめ

クリエイター向け液晶タブレットメーカーのワコムは、ハイエンドモデルの「Wacom Cintiq Pro 16」の約半額に近い価格で「Wacom Cintiq 16」を新発売します。税込73,224円でワコムの高性能ペンが使えるならかなりお買い得な商品。さらに16インチモデルであれば本格的な制作にも対応できるでしょう。

ワコムとは思えないほどリーズナブルなCintiqが登場

ワコムとは思えないほどリーズナブルなCintiqが登場

ワコムの液タブは性能についてはお墨付きですが価格は相当高いといったイメージがあります。本格的に使える16インチなどの大型モデルは10万〜20万クラスであることがほとんどです。

ところが今回発売された「Wacom Cintiq 16」はペン性能はそのまま、液晶サイズもおなじで一部の液晶性能と解像度を下げたモデルが73,224円(税込)というのは破格の値段です。

今まで高価で手が出なかった学生さんや趣味で使ってみたい人とって、手が出やすい製品であることは間違いありません。

高級モデル「Wacom Cintiq Pro 16」との違いを比較

高級モデル「Wacom Cintiq Pro 16」との違いを比較

Wacom Cintiq Pro 16Wacom Cintiq 16(NEW)
価格181,440円(税込)73,224(税込)
最大表示解像度3840 × 2160 ピクセル1920 × 1080 ピクセル
筆圧レベル8192レベル8192レベル
タッチ入力マルチタッチ機能なし
接続USB Type-C or DisplayPort USB-AなどHDMI/USB-A/電源 3in1ケーブル
質量1.5 kg1.9 kg
ダイレクトポインティングありなし

上記のリストは性能に違いがあるものを中心にリストアップしました。まず液晶画面では解像度が大きく違いCintiq Pro 16では最大4K表示が可能ですが、新モデルのCintiq 16ではHDレベルになっています。

またダイレクトポインティングは、描画とペンの隙間にあるガラスを薄くして視差を少なくした液晶のこと。慣れれば問題ないのですが少ないに越したことはありません。

タブレットでは一般的なタッチ入力が使えないのも大きなマイナスポイントです。ただし誤動作が無くてよいという人もいるので、これも好みによって評価が変わりますね。

やはりCintiq 16は主に液晶の機能が削ぎ落とされていますが、価格にこれだけ差があるのであれば、許容できる範囲と言えそうです。

製品レビューの記事まとめ

「Cintiq 16」と海外産の廉価液タブを徹底比較 人気プロ絵師が描き心地をチェック (1/6)
液晶ペンタブレットのエントリー価格帯に飛び込んだワコムの「Cintiq 16」と、魅力的な価格で注目を集める海外廉価液タブ「Artist Pro 16」「Artitst 15.6」「Kamvas Pro 13」を比較レビュー。性能から実際の描き心地までrefeia先生がチェックするよ!
Wacom Cintiq 16 ハンズオン:何の文句もありません #CES2019
これから初める人をうらやましく思うレベルです。Wacom(ワコム)から、コンシューマー向け液晶タブレット「Wacom Cintiq 16」が発表さ...
ワコム、半額以下になったエントリー向け15.6型液晶タブレット ~8,192段階筆圧検知などペン仕様はCintiq Pro16同等
 株式会社ワコムは、15.6型液晶ペンタブレット「Cintiq 16 (DTK1660K0D)」を、1月11日より発売する。直販価格は73,224円で、1月8日より予約販売を開始する。
ワコム、価格を抑えた15.6型液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq 16」
ワコムは1月8日、液晶ペンタブレットのエントリーモデル「Wacom Cintiq 16」を発表した。初めて液晶ペンタブレットを使う人に向けた製品で、プロクリエイター向けモデル「Wacom Cintiq Pro」シリーズから、機能を厳選したエントリーモデルだ。

発売日直前のテスト機でのレビューは概ね良好なようです。
今後も比較対象によって評価は変わるかもしれませんが、書き味に関してはCintiq Proと差がないため満足度が高い製品となっています。

実際に発売されてからクリエイターの評価がどうか気になります。

さらに他社製の駅タブ下取りで8,000円キャッシュバックのキャンペーンを3月31日まで開催

さらに他社製の駅タブ下取りで8,000円キャッシュバックのキャンペーンを開催

ワコムは2019年1月8日から3月31日までに専用ページで下取りを申し込めば、手元の液タブを8,000円で下取りして貰えるキャンペーンを行います。もちろん新製品のCinitq 16購入が条件ですが、下取り対象の液タブについては他社製品でもOKとなっています。

このキャンペーンは明らかに、海外製の安価な液タブを購入して不満のあるユーザーからの乗り換えを目的としたものでしょう。下取りしてもらえてさらに安く購入できるならユーザーにとってもメリットが大きいですね。

Wacom Cintiq 16/ワコムストア
ペンタブレット下取り買い替えで8000円キャッシュバック!2019年3月31日まで期間限定キャンペーン

さらに半額近い価格で購入できる海外製液タブに対抗できるか

さらに半額近い価格で購入できる海外製液タブに対抗できるか

Cintiq Pro 16の半値近い価格という点で話題をさらっている本製品ですが、海外製の液タブはさらにその半額近い30,000〜40,000円の製品が溢れています。

ただしそれぞれの製品は玉石混合で、トラブルがあっても自力でなんとかするしかない状況です。そういった意味で値段は安くとも玄人向けの製品と言えます。

一方でワコムの強みはそのブランド力とユーザー数の多さ。何かわからないことがあってもネットを見たり解説書でほぼ解決できます。ユーザーサポートがちゃんとしていれば充分に低価格な液タブに対抗できるはずです。

今後サポートの質を落とすようなことがあれば、逆にブランド力も低下してしまいます。ここで踏みとどまれるかワコムの企業努力が試されます。

液晶タブレット
スポンサーリンク
iPad Creator

コメント