Paintstorm Studioの快適なHotKeyの使い方を考える(ツール系ボタン編)


デスクトップPCの高性能なツールをそのまま使えるペイントソフト「Paintstorm Studio」のiPad版の解説です。
HotKeyはiPad専用の機能で、キーボードを使わずに素早くツールにアクセスできるボタンを画面上好きな位置に配置できます。今回はツール系HotKeyについて検証していきます。

HotKeyを固定できるロック機能


バージョン1.55で追加された「インターフェースのロック」機能が便利です。
HotKeyを使用していると、思わずボタンを動かしてしまうことがあります。ロックしておくことで、ミスを減らして快適に作業できるようになります。
HotKeyの配置が終了したらロックしておきましょう。

ちなみにロックされるのはHotKeyだけでなく、各種ツールパネルもロックされます。

使用できるツール系HotKey一覧


意訳ですがツール系のHotKeyに日本語訳をつけています。
基本ツールであるブラシ・消しゴム・切り抜きなどを切り替えるボタンと、ボタンを押している間だけツールを起動するボタンに分類できます。
スポイトなどすぐに切り替えて使いたいツールは「Fast」とついている方のボタンを活用するといいでしょう。

メインのツール系ボタンは必要かどうか


ツールバーに含まれている基本的なツールは、わざわざHotKeyで配置する必要性が低いと思います。
特によく使うツールを配置したい、などの理由がなければ他のボタンを優先したいところです。

ズームや手のひらツールは無くてもOK


iPadでは二本指でズームやキャンバスを動かせるので、ズームや手のひらツールなどのボタンも使わなくても困りません。

「Option/オプション」の設定で「Rotate canvas by fingers」をオンにすると、キャンバスの回転も二本指で出来ます。

おすすめのツール系HotKey


結論としてはツールバーをよく使う場所に配置する使い方をするのであれば、以下のHotKeyがおすすめです。
あとは作業に合わせて特に使うツールだけ、使うときに配置すればいいと思います。ブラシと消しゴムは頻繁に使うことが多いので、ツールバーと重複しますが考慮してよいでしょう。

・ブラシサイズ変更(ドラッグで変更)
・ブラシツール
・消しゴムツール
・スポイトツール(ボタンを押している間だけ起動)

ーーーー

ツールの配置については、使う人の個性が出るものです。記事で紹介した以外の使い方もあるはずです、記事が参考になればと思います。

↓続きの記事を開催しました。
Paintstorm StudioのHotKeyの使い方解説(ブラシ&キャンバス編) – iPad Creator

Paintstorm Studio
Paintstorm Studio(1.55)
カテゴリ:仕事効率化
価格:¥1,600
販売元:Sergei Komarov


Paintstorm Studio Lite
Paintstorm Studio Lite(1.55)
カテゴリ:エンターテインメント
価格:無料
販売元:Sergei Komarov


↓他にも以下のような記事を掲載しています。
Paintstorm Studio 1.54アップデート | ブラシにぼかし具合の調整パラメータ追加。レイヤーサムネイル表示を切り替え可能に – iPad Creator

Paintstorm Studio使い方解説「片ぼかし鉛筆ブラシを作る」 – iPad Creator

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク