Procreate 3.1でのAdonit Pixel筆圧感知スタイラスペンの使用感


Adonitから発売された最新モデルのBluetoothスタイラスペン「Adonit Pixel」に、Procreateが対応したので早速試してみました。
また「Adonit Pixel」を一定期間使ってみて気付いた点などを記事にしています。購入を検討されている方も購入された方もぜひチェックしてみてください。

さすがProcreateと思える使用感


最新バージョンのProcreateとiPad Air 2で試しにスケッチをしてみました。他のお絵描きアプリでも試しましたが、やはりProcreateはAdonit社と開発協力をしているので使用感が非常にいいです。

補正機能の進化によって線のブレは全く感じません。また補正の強さで鋭角的な線が丸くなってしまう点も随分と改善されています。

パームリジェクションについては、まだ誤反応があるようですが以前までの製品と比べてかなり良くなったと実感できますね。

パームリジェクション機能を使うための設定


パームリジェクションの精度はまだ完璧とは言えませんが、気をつければ使えるレベルかなと思います。設定は以下のようにしています。

  • キャンバスの回転はオフ
  • パームサポートのレベル(標準)
  • マルチタスクジェスチャはオフ
  • ライティングスタイルは右利き

Adonit Pixelで使うためのカスタムブラシ


個人的に使っているAdonit Pixelで使う基本的な塗りを行うためのカスタムブラシです。クイックメニューで切り替えて使うことを前提に、細めと太めの2種類を作成しましたのでよければダウンロードしてお試しください。
(Box.netにアップしていますので、リンク先からダウンロードしてください。)

筆圧曲線はかなり強めに設定


Adonit Pixelは書き出しに筆圧を加えにくい気がしています。自分の使い方ではどうしても書き出しが薄くなるので、環境設定の「筆圧曲線」でカーブを上の画像のように調節しています。

この設定で少し書き味が柔らかくなります。

ペン先の交換用チップも発売開始


メーカー発表のペン先の筆記距離は約100kmとなっており、充分な耐摩耗性があると言えます。
それでも適度に摩擦があるので、頻繁に使う場合はそのぶんすり減るのが早いことも考えられます。メーカーから交換用のペン先チップが販売されていますので、気になる方は予備に購入しておくといいでしょう。

ADONIT PIXEL BALL TIP 【日本正規代理店品】 TIP-AP

今後もiPad Air/iPad miniモデル向けの筆圧感知スタイラスペンとしては、「Aodnit Pixel」がスタンダードとなるはずです。
対応アプリも豊富ですから安心して購入してすぐ楽しめます。
低価格で筆圧感知スタイラスペンを使いたい人はぜひご検討ください。


ADONIT PIXEL (パームリジェクション/ショートカットボタン/筆圧感知機能) ブロンズ 【日本正規代理店品】 ADPBR

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ppp より:

    描き心地の自然さで言ったら、紙に鉛筆を10点とした場合、Adonit Pixelと、Apple Pencil はそれぞれどのぐらいの点数になると思われますか?

    • Necojita より:

      pppさんこんにちは。

      自然さということでしたら2、3点になってしまうかも。
      ツールとしてはかなり近いことができると思いますが、やはり自然な感じとはいいにくいですね。
      紙とペンの方が近いかな。

  2. ぷにといぷ より:

    依然としてiPadPro9.7は対応してないのでしょうか?
    メーカーのサイトにも記載がありませんが、リンク先のAmazonでは対応リストに記載があり、困惑しています。

    • Necojita より:

      メーカー広報の方に確認しましたが非対応でした。

      非対応ですが私が使ってみても特に不具合はなかったので、使えなくはないということですね。
      サポート外と言えます。

    • Necojita より:

      しばらく使ってみて気づいたのですが、
      やはりiPad Pro 9.7インチでは使用可能でもiPad Air2よりも
      パフォーマンスが劣るようです。

      線の遅延はiPad Pro 9.7の方が大きい気がします。

  3. ppp より:

    ありがとうございました。ご意見大変参考になりました