Paintstorm StudioのHotKeyの使い方解説(ブラシ&キャンバス編)


デスクトップPCの高性能なツールをそのまま使えるペイントソフト「Paintstorm Studio」のiPad版の解説です。
iPad専用の機能「HotKey」は、キーボードを使わずに素早くツールにアクセスできて、キャンバス上好きな場所に配置できるボタンです。前回に続いてブラシ&キャンバス系HotKeyについて解説していきます。

↓前回のHotKey解説記事(ツール系)はこちらからどうぞ
Paintstorm Studioの快適なHotKeyの使い方を考える(ツール系ボタン編) – iPad Creator

使用できるブラシ&キャンバス系HotKey一覧


意訳になりますがブラシ&キャンバス系のHotKeyに日本語訳をつけています。
ブラシ系HotKeyには、効率的に作業するための機能が用意されています。

キャンバスの左右反転はバランスを見るときに重宝する


キャンバス系のHotKeyで特に便利なのは「Reverse canvas/キャンバスの左右反転」です。すばやく反転して左右のバランスや形の狂いを確認できます。
キャラクターの顔を横や斜めから描いているときなど、バランスのチェックに必要不可欠な機能と言えるでしょう。

ブラシサイズの変更は2種類から選択


「Brush size +/ブライサイズをアップ」「Brush size -/ブラシサイズをダウン」の2つのボタンを配置することで、すばやくブラシサイズの調整ができます。
ボタンを押す長さでサイズの変化する大きさは変わります。
サイズの変化するスピードは [File] → [Option] → [Brush resize speed] で調整可能です。

ツール系HotKeyに登録されている「Brush reseize by drag tool/ドラッグでブラシサイズを変更」も便利ですので、どちらか好みの方を選択するとよいでしょう。

ブラシ系HotKeyは使うブラシに合わせて使用する


サイズ変更以外のブラシ系HotKeyには色の補充を行う「Fill Brush while Drawing」や、直線を描ける「Straight lines」など用途の限定されたものがあります。

ひとつ前のブラシに切り替える「Previous brush」とブラシを消しゴムモードにする「Toggle eraser」はどちらも線画の描画/修正の作業を効率化できます。

ズームやキャンバス作成よりキャンバスの回転リセットなどが便利


キャンバスの回転を多用するなら、「Reset canvas angle/キャンバスの回転をリセット」や「Fit to screen/キャンバスを画面に合わせて最大表示」などのボタンと合わせて使うのがおすすめです。

「Zoom in/拡大」「Zoom out/縮小」は二本指で行えるので必要性はないでしょう。さらにファイルの保存や新規作成などの機能も頻繁に使用するものではないため、優先順位は低いと思います。

ただし、アプリが落ちやすい環境で作業している場合は、こまめにファイルを保存する価値があるため「Save/保存」ボタンは配置しても良いかもしれません。

おすすめのブラシ&キャンバス系HotKey

結論としてブラシ&キャンバス系のHotKeyの中では、「ブラシサイズのアップ/ダウン」「キャンバス反転」の3つが実用性が高い機能だと思います。
キャンバスの回転や拡大を頻繁に使うなら、「キャンバス回転リセット」「画面に合わせて最大表示」がおすすめです。

・ブラシサイズをアップ
・ブラシサイズをダウン
・キャンバス左右反転
・キャンバスを画面に合わせて最大表示
・キャンバスの回転をリセット

またレイヤーを多用する描き方では、アプリが落ちる確率が高まるので、「Save/保存」ボタンでこまめに保存しておく方がよいかもしれませんね。

ーーーー

次回は残りのHotKeyについて解説する予定です。

Paintstorm Studio
Paintstorm Studio(1.55)
カテゴリ:仕事効率化
価格:¥1,600
販売元:Sergei Komarov


Paintstorm Studio Lite
Paintstorm Studio Lite(1.55)
カテゴリ:エンターテインメント
価格:無料
販売元:Sergei Komarov


スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク