11インチ新型iPad Proを10.5インチと比較レビュー | Apple Pencilのために生まれたデザインとオールスクリーンはiPadを使う楽しさを倍増させる

iPadの丸みのあるデザインには愛着がありますが、新型iPad Proの角ばったアウトラインはカッコよくて、PCっぽい懐かしさと新鮮味があります。

今回は発売されたばかりの11インチiPad Proについてじっくりレビューします。予想外のキーボードの変更やApple Pencilの充電方法など、いろいろ話題の豊富な端末です。

これから購入される方の参考になればと思います。

新型の11インチiPad Proモデルを詳しくレビュー

iPadは12.9インチ、9.7インチ、10.5インチ、第6世代iPadと購入してきて今回は11インチiPad Proの256GBモデル(シルバー)を選択しました。特に10.5インチiPad Proは歴代iPadの中でもお気に入りのモデルでしたので、新モデルと比較しながら気付いた点を紹介してきたいと思います。

10.5インチのレビューも過去の記事で掲載しています。

10.5インチiPad Pro 製品レビュー | 大型化した液晶のインパクトが凄いiPad最新モデル。描画速度UPでApple Pencilは別次元の使用感
先日のイベントで鮮烈なデビューを果たした新iPad Proの発売日当日がやってきました。タブレットPCの常識を破る120Hzものリフレッシュレート、大型化した液晶など話題の尽きない新機種をレビューします。今回購入したのは10.5インチ...

iPhone5っぽい新デザインとオールスクリーンのiPad Pro

開封やパッケージの中身の解説はほかのメディアでたくさん紹介されているので割愛。セットアップも完了してさっそく使っていきます。

オールスクリーン」と呼ばれているほぼ全画面な液晶画面は、11インチではややフチの厚みを感じますが慣れると違和感はありません。没入感が高いです。ホームボタンがなくエッジの強いデザインは、初代iPadを彷彿とさせPCっぽい感じですね。

iPhoneSEのデザインを連想される方が多いのも頷けます。

 

上部のトップボタンと側面の音量ボタン2個は出っ張りが少なく一体感があり美しいです。引っかかりもほぼない。代わりに大きく飛び出した背面のカメラは少々目立ちますが、不思議と卓上で使用していてもぐらつくことはありません。

スクリーンショットはトップボタンと音量ボタンの同時押しに変更。これがすごく撮りやすい。

 

背面を見ているとよくこの厚みの中にバッテリーや基盤や液晶を詰め込んだなと感心します。そして非常に軽いです。

背面下部にはSmartConnectorが追加されています。

上下に備え付けられたスピーカーはめちゃくちゃ音質がよく、イヤホンジャックを消し去ったAppleへの憎しみがすぅっと薄れていきます。

 

Apple Pencilは左側面にある磁気コネクタに磁石で接着します。充電とペアリングを兼ねており、1つのアイデアで全ての問題が解決される素晴らしい選択です。

外観のレビューは以上です。

続いて以下に少し使用してみてからの感想を述べています。

0.5インチのサイズアップとわずかな比率の違い

10.5インチまで受け継がれてきた3:4の画面比率は微妙に崩れ、11インチでは横に少し長く縦がわずかに短くなっています。縦持ちであれば違和感は少ないかもしれませんが、横位置でアプリを使用していると上部にステータスバーが表示され、画面下端にスワイプアップするためのバーがあるためさらに横長に感じられます。

ピクセル数で見ると11インチモデルは2,388 x 1,668、10.5インチモデルは2,224 x 1,668ですから縦のピクセル数は減っていないことになります。

 

非対応アプリでは大幅に縮小された画面を強いられてしまう

まだリリースされたばかりで仕方ないのですが、新型iPad Proに非対応のアプリでは悲惨なことが起きます。ステータスバーとスワイプバーのぶんだけ上下に余白ができる「黒オビ」と、比率がそのままで縮小されてしまう「縮小表示」があるようです。

上の画面は画像編集アプリの「Affinity Photo」ですが、比率はそのままで縮小されており、10.5インチどころか9.7インチサイズで表示されます。

すぐにアップデートで解決されるでしょうが、しばらくはこういった非対応アプリを使うことになると覚悟しておくべきでしょう。

「黒オビ」修正済みの新型iPad Pro対応アプリとApple Pencil2のダブルタップジェスチャーが使えるアプリまとめ
新型 iPad Proでは非対応アプリでは黒オビ(画面の上下にステータスバーやスワイプバーに部分に黒いスペースが帯状に表示される)、縮小表示の問題が発生します。ここでは画面に最適化された、オールスクリーン表示で使えるアプリをまとめまし...

キーボードの変化に戸惑う

iPad ProにSamrtKeyboardを付けていてもソフトキーボードも簡単な入力では使っています。そこで気付いたのですがなんと11インチiPad Proではキー配列が変わっていました

横に広がったぶんだけ左側にキーが追加され、キーボードの切り替えボタンも位置が変わっています。初めはかなり戸惑いました。

慣れれば問題ないのですが長い間使ってきたキーボードが変わると、やっぱり違和感は強いですね。

Face IDの認証はびっくりするぐらい速くて快適

普段はiPhone XでFace IDを使っていて、iOS12になってから認証がスムーズにいくようになったと思います。少し暗いところや斜めからでもすんなり通してくれます。

実際にiPad ProでFace IDを使ってみると非常に相性が良いことを実感しました。認証ミスすることがほぼなくて、しかも認証が一瞬なので意識することさえないくらい。iPhoneより認証スピードも精度も高いのです。

ずっと使ってきたTouch IDにも未練はあります。けれど液晶画面で操作していてふと認証しようと思ったときに、ホームボタンに手を伸ばすちょっとした面倒さが隠れていたことをFace IDを使って気づきました。

Touch IDを超える便利さが新iPad Proでようやく実感しました。

何とかグリップも使えそうなApple Pencil(第2世代)は大幅に進化

Apple Pencil(第2世代)は初代と重さは全く同じですが、長さは約1cmほど短くなりました。重心が改善されたせいか「軽くなった」と感じる人もいます。

表面の処理も光沢のないマットなものに変更されますます鉛筆感が出てきました。

 

書き味は新型iPad Proの液晶表面が少したわむからか、画面素材の変化からか初代よりもかなり摩擦が強く感じられます。これなら保護フィルムなしでも許容範囲だと感じる人は増えるでしょう。

また初代と違って交換用チップが付属しません。内部パーツは同じようなので交換用チップも共通だと思われます。

交換用チップは必ずAppleが販売しているスペアを購入しておきましょう。

中国製の怪しいチップは買ってはいけません。

Apple Pencilの非純正ペン先チップ(中国製)を購入してみた結果をご報告します。
Apple Pencilの交換ペン先チップと言えば、Apple純正品を買うしか選択肢はありません。大体4個2,200円(税別)くらいでApple Storeやネットショップで購入できます。しかしここに来て中国製のペン先チップがいくつ...

 

プロのクリエイターからは「グリップが付けられないのでは長時間の使用は難しい」「初代よりも退化してる」という意見もあります。手持ちのアクセサリで試してみると厚みが少ないグリップであれば斜めに固定して充電できることを確認しました。

磁気コネクタに一定範囲が接していれば少しズレても充電可能なようです。ただしこのままだとダブルタップジェスチャーが使えないため、グリップの一部をカットするなど改良は必要かも。

 

現時点で最も新型iPad Proに最適化されている「Procreate」でスケッチしてみました。ペンの精度は初代と違いはないのですが摩擦が効いていて使いやすい!

画面が横に広くなったのも描画の快適さに貢献していると思います。

最新のアップデート内容も解説しています。

Procreate 4.2アップデート解説 | 新型iPad ProやApple Pencil2に完全対応。待望のリサイズやクリッピングマスクがついにやって来た!
Procreate 4.2アップデートの配信が開始されました。以前より公開されてきた情報の通り、今回のアップデートでは「クリッピングマスク」「キャンバスのリサイズ」など強い要望のあった機能が追加されています。さらにジェスチャーだけで図形...

 

新Apple Pencilのダブルタップジェスチャーは、Wacomのスタイラスペン愛用者から見れば何を今更という機能ではありますが、実際に触れてみると誤って押すことがなく指先でボタンを探さなくてもいい快適さは充分に意味があると感じられました。

iPadの設定アプリからジェスチャーで使用する機能を4種類から選択できます。(いつのまにかApple Pencilの項目が追加されています)

処理の重いアプリもサックサクに動作する

処理能力も相当上がっており、いくつかのグラフィックアプリでスピードが劇的に改善したのを実感できます。

例えば「CLIP STUDIO PAINT」では描画で不便はなかったものの3Dモデルは重かった…。コマ送りのような処理になることが多くて頻繁に使いたいとは思えませんでした。

しかし11インチiPad Proでは滑らかに動作していて実用的です。

ほかにもいくつかのペイントアプリで、レイヤー数の多いファイルを開く時や画像処理のスピードが大きく改善していることを確認しました。

まとめ

まだ対応アプリが少ないことでポテンシャルが発揮できていないところもありますが、現状でもかなり満足しています。

Apple Storeで見た12.9インチ(第3世代)もかなり良かったので、比べてみるほうがいいと思います。

「SmartKeyboard Folio」や「Apple Pencil(第2世代)」については、また記事にしていきたいと思います。

【2018年春版】iPad ProとApple Pencil対応の手書きメモアプリまとめ
新年度が始まるということで、iPad ProとApple Pencilで手書きメモを始めたい!という方も多いのではないでしょうか。仕事や学校でもiPadの活用事例は増えており、手書きメモ、ノートアプリを入れておけばさらに活用できるように...

コメント

  1. kaz805 より:

    12.9もだいぶ小さくならましたが、12.9は最初から購入の選択肢には上がらなかったのでしょうか?
    私は12.9の実機を見てかなり迷ってしまいました。
    私も機動力を重視して10.5インチを使っています。

    • Necojita より:

      悩ましいところです。

      私も初めは12.9インチ購入に気持ちは傾いていました。
      でもオンラインで注文したので無難な10.5インチと同じ11インチを選択しました。

      実機を前にして選んでいたら12.9インチにしたかも。
      それくらい魅力的でした。

      12.9インチが全部6GBRAMだったら間違いなく選んでいたでしょうね。

  2. Loy より:

    いつも記事を楽しく拝見させていただいています。
    ipad pro 10″ではpencilの先端の位置が12″より少し離れていると以前の記事にありましたが、今回はいかがでしょうか?
    12″の重さから買い替えを検討中なので、情報頂けるとありがたいです。
    よろしくお願い致します。

    • Necojita より:

      先端の位置が離れているというのは第6世代との比較でしょうか?

      10.5インチと11インチでは視差は全く感じない、ほぼ同じです。
      大きな違いは11インチの方が画面がごく僅かに“しなる”ので摩擦が強いように思います。おかげでツルツル感は大きく軽減されました。

      • Loy より:

        おお、視差があったのは第6世代だったのですか、ガラスの厚みの違いで少しズレて見えるみたいな記事を見た気がしたのですが、勘違いで申し訳ありません。

        今度のpro 12″ は全部同じメモリじゃないんですね。じゃあ11″購入確定かなと。店頭でも触ってみたいと思います。

        ご返信ありがとうございました!
        色んな情報楽しみにしております(。・∀・。)

        • Necojita より:

          ありがとうございます。
          11インチは店頭では12.9インチと比べると小さく感じますが、自宅で使うならちょうどいいサイズです。
          ぜひ店頭でもじっくりチェックして、新型iPad Proユーザーになってください!